2022年06月07日

りこいるすぷりんぐ

M110はフィクストストックなので、リコイルスプリングが長いです。


JPバージョンのせいなのか、スプリングレートが低い感じで、ボルトの戻りがゆっくりです。
もうちょっと速く戻したらどうなんだろう?

M4、HK416用のスプリングだと10cmほども短いので、
レートの高いものを使ってもプリロード分が弱くなってしまうため、
速くは戻らないようです。


ストライクのハードを使って、HK416のバネを切ったものとでダブルレートなスプリングにしてみました。



とりあえずのハンダづけ。

試運転の感じでは、もたつきはよくなったかな?

けれど、
ボルトストップがかかりにくくなったので、ストップレバーのスプリングも強化して速く動くようにしないといけなそう。。。

追記ーーーーーーーーーーーーーーー
まちがい。ボルトストップのスプリングはレバーを戻す側なので逆でした。
スプリングは弱くする方向。だけど弱くはできにくい。。。
マガジンのフォロアを強くするのも難しいので、現実的じゃないです。

アンビでいろいろぶら下がってるのも動きが遅い原因かも。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ボルトのリバウンドはどうなんだろ?
少し戻っているように見えるけど、オリジナルと比べてどうなったんでしょ?
(もとがどんなだったか覚えてない)

ま、
とりあえず、
ハンダ付けにて テスト用ダブルレートスプリングは作れることがわかりました。

  

Posted by C.A.M. at 21:20Comments(0)VFC M110 SASS分解マニア

2022年01月03日

M110 ボルト軽量化

VFC M110 SASS GBBRいじりのつづきです。


どーもこの銃、
ブローバックのボルト後退は元気がいいのですけど、
日本向けバージョンのリコイルスプリングが弱すぎるせいなのか、
ボルトの戻り(前進閉鎖)が遅くて重ったるいです。

なので、
ボルト&バッファーを軽量化してみます。


まずはバッファー。

分解。



どーもバッファスプリングのストロークが有効に使われていないような。。。


重量は150g。


この後ろの鉄部品が重くて75gあります。


旋盤で追加工。
中心は通し穴にしてパイプ化。

外径もいらないところは削る。



35gと半分以下になりました。


バッファ全体では110gになりました。
40g減です。



バッファースプリングのセッティングを
もとはプリロード3mm、ストローク4mmとなっていたのを
プリロード0mm、ストローク8mmとしました。

ところが、
撃ってみた感じ、
ボルトの戻りは シャキッとしましたが、
ボルトキャッチがかかりにくくなりました。

後端に突き当たってから前進し、キャッチのところまでの距離が短く
5mm以下しかないため
バッファスプリングが伸びるストローク中になってる?


鉄部品の後端を3mm落として、
ボルトのフルストローク量を増して
バッファスプリングが伸びきってからキャッチに当たる感じにしてみたところ、
キャッチのかかりは良くなったと思います。


ノーマルでは、プリロードをかけておくことで、後端に衝突した時のショックを演出しているのかな?
改造後は当たりがマイルドになった感じ。




つづいて
ボルト。

重量は318g。
材質はたぶん亜鉛。

追記ーーーーーー
SR25mk11のはアルミ製で263gと軽量らしい。
ーーーーーーーー

内側の穴を広げようと思いましたが、
下側に溝があり、切れてしまいそうなので、

外側を落としました。
ちょっとかっこ悪いけど。。。


下側のハンマのためのスリット穴は、
セミオートモデルっぽく後ろまで長くして
フルオートシアが使えないような形としました。


ここいらのネジもガチガチに接着されていて、
分解してるんだか、ぶっ壊してるんだかで、
修復するに時間がかかりました。



重量は285g、33g減。

追記ーーーーーーーー
今思うに、後端は残して、ハンマースリットのとこだけ中グリした方が見栄えが良かったかも。
ーーーーーーーーーー

ブローバック移動重量分はトータルで、468g → 395g
73gの軽量化となりました。
(厳密にはバネの重量の1/3だかも含まれるんですが…)


ボルトが閉鎖する時のドッシン感は無くなりましたが、
たいぶとシャキシャキ動く感じにはなりました。
もうちょっと速く閉じてくれてもいいように思うけど。。。



で、
今日も5発だけきちんと狙って撃ってみましたが、

やっぱり良いみたいです。


ま、
超至近距離ではありますが。。。


んなわけで、
お正月は旋盤三昧でしたとさ。



  

Posted by C.A.M. at 21:12Comments(0)VFC M110 SASS分解マニア

2022年01月02日

M110 ホップレバーの2

VFC M110いじりのつづきです。

この銃、
バレルナットとハンドガードのネジがガッチリ接着されていて
分解がとっても困難でした。
もうほとんど壊しているかのような気分になって、
非常に疲れました。

と言っても分解したのは 買ったすぐ後だったので20ヶ月ほど前。
その後すっかりいじりたくなくなっていたわけです。



ハンドガードがメネジとなっていて、
レシーバーが後ろ側に、
バレルナットが前側からねじ込まれます。


バレルナットは、専用工具がないと緩まないので、作りました。

最初にバラした時は、G36用のパイプ状のものを改造して使いましたが、ひどく大変でした。


ハンドガードのメネジがとっても渋いので より一層、分解組み立てを困難にしています。
ネジ山を修正して、ナットが手で回せるようにしておきました。

ただ、
これだとレシーバーのおねじはかなり緩くなってしまいました。
バレルナットのオネジを修正するのが正解かもしれません。




ハンドガードの回りどめのネジがここに。
ホンモノだったらガスチューブなので引っこ抜けばいいモノですが、
こいつはイモネジです。

なので、

な〜がいヘックスキーを作って、


回します。
普通のヘックスキーで回すのは困難です。

この長いヘックスキーはホップ調整する時にも有効に使えます。


初めてナットを緩める時は、
ガスブロックとホップ調整機構に化けているガスチューブを先に外した方がアクセスしやすいです。
??ん、チューブ抜けたんだったかな?よく覚えてません。。。

ナットを手で回せるようにしておけば、ガスブロックまわりはバラさなくてもいけるようになります。


インナーバレルは419mm。
アウターバレル出口より98mmほど短いです。


インナーバレルには、お約束の加工をして、

先端の振れどめOリング溝。(幅1.5深さ0.8)


1A-SS7(内径φ6.5、外径φ8.5、線形φ1)


ホップレバーの後端、出っぱる部分をカット。
φ1.5軸はチャンバー側の凹みがガタだったので、
1.5キリをトオシて貫通穴に。
軸は長いものを製作。
幅方向規制はアルミテープで。


シリコンパッキンで突起位置の確認

宮川長がけGスペック用。
素のプロスナイパー用の方だと合うのかな?



一撃v2。
これはぴったし合ってるよう。

なので、
一撃v1ニトリル60度を組み付け。
理由は、余っててもったいなかったから。


なんですが、
ノズルのささるところ=パッキンの入り口がきつすぎるようで、
ボルト閉鎖不良っぽくなってしまい、装弾不良や玉ポロが多発しました。
残念ながら、この銃とは相性が良くないようです。


VFC純正パッキンに戻しました。


長かけタイプのよう。


たいして撃ってないのに、毛羽だってる。






で、
試し撃ち。


何が良かったのか?よくわかりませんが、
集弾性が良くなったみたい。
GBBでこんなにまとまったのは初めてな気がする。

この後も5発x2回ともが19mmだったので、まぐれではないみたい。

2ステージトリガがとても引きやすくて、
とすると以前は、
トリガの引き方でブレていたということに気付いたかも。




  

Posted by C.A.M. at 23:07Comments(0)VFC M110 SASS

2022年01月02日

M110 ホップレバー

VFC M110いじりの続きです。


スナイパーライフルっぽいグリップにしたかったんだけど、
隙間があく。。。

ロアレシーバーのラインがM4やHK416よりも細身のようで。

太いグリップにするとトリガが遠くなって指先引きしやすくなるかと思ったんだけど残念。




ホップレバーはステンの板金モノ。

軸も金属なので、部品の剛性的には良さそう。


ただ、
ここが問題。

ホップが弱い時に、レバーが出っ張る。



ボルトが前進してきた時のノズル部との関係。
このまま閉鎖位置まで前進すると、
ホップレバーとノズル部が干渉して、
ホップレバーが押し下げられて、
ホップが強くなります。


***
逆動作(=ボルトを引いた時にホップ突起が大きく出て、ボルト閉鎖でホップ調整位置へ戻る)だったら、
ホップ弱い時の玉ポロ防止機能かな?とか思いましたけど、
これはホップ弱目で撃ち出すことができない動作なので
どういう意図があるんでしょう???
***



なんだかよくわからないので、

とりあえずは ノズル側を削ってレバーが当たらないようにしてました。

ホップが弱い時だけの話なので、
遠距離用、重量弾用の強ホップ設定中では起きません。


つづく

  

Posted by C.A.M. at 12:17Comments(0)VFC M110 SASS分解マニア

2021年12月31日

M110 2ステージトリガ

久しぶりのVFC M110 SASSいじりです。

この銃買った時から、
2ステージトリガにしたくて、
作ろうかと思って、
いろいろ調べてました。



作るとなると
いろいろ大変なので後回しになっていましたが、

発売されたので、購入。


M4やHK416ではないせいなのかもしれませんが、
いろいろアレレなところがあり、、、

けっこう高価なモノなのに。。。



トリガガードにトリガ先端が擦れる。。。



ハンマのストライカを押すところの角度がちがう?

と思いましたが、
ストライカ押すところを合わせてみると、


M110ノーマルでは、ハンマーが落ちた時の角度は立っていますが、

HK416で確認してみたところ

この2ステージ用のハンマーは落ちたところの角度はあまり立たずに寝ています。
これはボルトが下がる時の抵抗を小さくして作動性を向上させようという試みかな?
リアルさよりも動作を優先させた?ようなので、
この辺りはこれに従うことにしました。



2ステージ目に入る時、

本来はハンマがディスコネクタを押す形となるはずが、
セレクタがディスコネクタを押しているような感じがある???
微妙なところなので、調整によってはそうなる感じがする。

うちのはセミオンリーなので、
ディスコネクタの後ろ側のセレクタに触るところは
いさぎよく切除。



トリガは先端を0.5mmほど削りました。
また、ディスコネクタとシアの中空軸がガタガタだったので、φ5.3で作り直し。
精密なトリガーフィールのためにはここのガタはよろしくないはず。
もとは穴がφ5.3に対し軸がφ5.0でした。


ハンマーはスラストのガタ調整用にリングシムが付いてきましたが、
そこじゃない。
ハンマの穴φ5.8とのはめあい、つまりラジアルがガタガタ。

ハンマーの両脇にささるカラー(なんていう名前か知りません)自体を
スラスト寸法を現物合わせにて作り直し。
ちなみに元のは凸部φ5.5だったので0.3mmのガタでした。
軸がガタガタではシアとのかみ合いも安定しないはず。

なお、このカラーはピン抜けどめのCリングの角度位置を難しくするのでいやらしいです。
ハンマ内の平面を少し落として、Cリングを自由にした方がいいです。(言葉で説明できない。。。)


ハンマも
セミオンリーの方がかっこよく見えたのと、     ← 妄想です。
ハンマダウンでもセレクタがセーフへ回せるので、

フル用しっぽをカットして、Tigで盛り盛り。
ピン穴の下側にもTig盛り盛り。

もともと付いていたトゲみたいなのは、
多分ストライカを押しすぎないようにするためのもの。

追記ーーーーーーーーーーーーー
M4いじってて思い出しました。
ハンマーがボルトやローディングノズルスプリングホルダの頭を叩くと
いろいろ壊れるんでした。
で、ボルト側に当たらなくしているのではないかな。
ーーーーーーーーーーーーーーー


トゲのあたりの径を大きくして、トリガの戻り量を小さくして、
セレクタがセーフへ回らないようにブロック。

ハンマダウンの時セーフにいれられると、
ボルトを引いた時にハンマーがトリガのシアにぶつかりボルトは途中でつっかえります。
もし無理矢理引いたりするとハンマやシアが折れたりするかもしれません。  ← 妄想です。

シアの上側△部、トリガを引いていない時のコッキングがきつかったので、少し小さくしました。



トリガを引いていくと、
1ステージ目のディスコネクタに当たるまではリターンスプリングのみの反力なので、軽いです。
2ステージ目はシアとディスコネクタでハンマをつかむような形となります。
このあとディスコネクタのスプリング反力が加わるためにトリガは重くなります。
この重くなる位置でトリガをためて、撃つ時には少し絞ればすぐにハンマが落ちます。
重くなってからは、ストロークを感じさせないうちに落ちるように調整するといいみたいです。

この調整が、イモネジの回転角5°くらいな感じなので、けっこう面倒です。

うちに来たものは、
そのまま使えるなんてモノはほとんど無くて、
すぐにバラバラのぼろぼろになってしまいます。
といってもベースがないことにはスタートできないので、パーツとして出してもらえるのはありがたいです。
イチから作るのはとっても大変ですからね。


できました♪


  

Posted by C.A.M. at 18:52Comments(0)VFC M110 SASS分解マニア

2020年09月29日

じーびーびーあー

GBBRでモーションログを採ってみました。

画像はちょっと前のテスト中のもの




ブローバックの動きが大きい分数値が大きくなっています。
加速度はフルスケールが+-2G(+-19.6m/sec2)なのですが振り切ってます。


昨日のブログに上げたボルトアクションのデータを同じスケールにして並べてみると

ずっと静かです。
エアコキではスコープで玉の動きの一部始終が見えますものね。

GBBRのほうが10倍ほども動きが大きいようです。



と言っても、
これは撃ったときの全体を見ているので、
飛んでいく玉にはほとんど関係のない部分のほうが大きく見えています。




玉が発射される瞬間(t=ほぼ0)までだけを拡大してみてみると

まずはボルトアクション

ボルトアクションはトリガーをひくとピストンがスプリングで押されて動きはじめ、
エアが圧縮されて玉を押すという流れで、
玉が出る前に結構重量があるエアピストンが動いているために、
その反動が発生しています。
それがx軸方向の加速度として観測されているようです。
玉のエネルギーよりもピストンのエネルギーの方が大きくないと発射の理屈に合わないんだっけ????



つづいて、
GBBRはブローバックの動きは派手ですが、

玉が銃口から出る(t=ほぼ0)までは、ガスが玉を押すだけなので、エアコキよりも銃の動きは小さいようです。
(このデータだとy軸方向の加速度が出ていますが、これはなんだろ??射手のブレかな??)
x軸方向の加速度はt=0以降に急激に上がっていっていますが、これがブローバックのボルトの後ろ向きの動きの反力じゃないかな。

というわけで、意外にも、玉が出るところまではエアコキの方が命中精度を保つには不利ということなのかな???



とすると
TXsystemのCO2ボルトはピストンに相当する重量部分がかなり重いし、
そのピストンが突き当たった衝撃でガスが出るといった仕組みなので、
かなり銃がぶれた状態になってから玉が発射されるということになって、
命中精度は落ちそうな気がします。


それとも、これらのエネルギーはたいした大きさではないので、影響は無いのかもしれません。
  

2020年04月19日

RunCam2+25mm

RunCam2に25mmレンズをつけてガンカメラにします。

カメラの後ろに貼ってあるビニールテープはスコープ への映り込み防止です。


設定はスマホでやるのがフツーですが、

外部モニタをつなぐと本体のボタンでも設定可能です。
WiFiオンにするとかなりバッテリが減るようなので。。。



今回はビデオのモード、解像度とレートをいろいろに変えてみます。

カメラ側の画角設定はナローにしたので、135換算で200mm望遠相当な感じ。



屋上で といっても

よその建物から丸見えなので、擬装します。



ターゲットはA4、距離 約12m。

カメラレンズのピント位置は約8mにセット。
無限から8mへは0.08mmレンズを繰り出せばいいので
レンズ回転角で60°(レンズマウントねじピッチ0.5mm)ほど反時計回りに。



240fpsは魅力なんですが、640x480では画像が荒すぎます。
FHD(1920x1080)60fpsは、ブレが大きいような? (ブレ補正が効いてない?)

今回の実験では1280x720 120fpsがいいみたいです。
BB弾が写っているフレームは21コマ 0.2秒弱くらいでした。

かなり良く写るものですね!





  

Posted by C.A.M. at 07:56Comments(0)VFC M110 SASSガンカメラ

2020年04月03日

てすと

ただいまブログのテスト中



M110のリコイルスプリングは長かった。










2020.4.1 開設
いままでの、みんカラやアサブロに書いていたエアガン関連の記事を引越しさせていますので、開設以前の記事が存在します。  

Posted by C.A.M. at 21:48Comments(0)VFC M110 SASS