2022年06月07日

りこいるすぷりんぐ

M110はフィクストストックなので、リコイルスプリングが長いです。


JPバージョンのせいなのか、スプリングレートが低い感じで、ボルトの戻りがゆっくりです。
もうちょっと速く戻したらどうなんだろう?

M4、HK416用のスプリングだと10cmほども短いので、
レートの高いものを使ってもプリロード分が弱くなってしまうため、
速くは戻らないようです。


ストライクのハードを使って、HK416のバネを切ったものとでダブルレートなスプリングにしてみました。



とりあえずのハンダづけ。

試運転の感じでは、もたつきはよくなったかな?

けれど、
ボルトストップがかかりにくくなったので、ストップレバーのスプリングも強化して速く動くようにしないといけなそう。。。

追記ーーーーーーーーーーーーーーー
まちがい。ボルトストップのスプリングはレバーを戻す側なので逆でした。
スプリングは弱くする方向。だけど弱くはできにくい。。。
マガジンのフォロアを強くするのも難しいので、現実的じゃないです。

アンビでいろいろぶら下がってるのも動きが遅い原因かも。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ボルトのリバウンドはどうなんだろ?
少し戻っているように見えるけど、オリジナルと比べてどうなったんでしょ?
(もとがどんなだったか覚えてない)

ま、
とりあえず、
ハンダ付けにて テスト用ダブルレートスプリングは作れることがわかりました。

  

Posted by C.A.M. at 21:20Comments(0)こーさく分解マニア

2022年05月30日

でんしひょーてきの11 A3

ちょっと遠くでデータ採りできないかな?と思い、大型のヒョーテキなぞ準備してみる。



軟質塩ビ板をA3サイズ(300x420+50)に切り出し。



設計図。



けがき、穴あけ、タップ立て。



うちのフライスは、こんな作業が多いので、
(この超硬の短いドリル、センタードリルいらないので一工程省けて幸せ)


DRO(デジタルリードアウト)を使った移動テーブルボール盤みたいなことになってます。
工具を次々と変えるし、
造形ってほとんど無いので、NC化は考えませんね。




センサー(マイク)の取り付けプレート。
今回は小型のφ6のマイクを使ってみます。


普通のマイクなので、PCMレコーダーにつないで、
耳で音を聞いてチェック。

このマイク、案外良い音に聞こえます。


センサープレート固定と本体をベースに固定するための穴とタップを追加工。


組み立てて、

テストするも、
なんか変。
センサー入力順がおかしい??






テスト確認中に
BB弾発射器が臨終。。。
(10歳以上用電動ハンドガン。8000発ほど発射で、モータのブラシが摩耗してしまったよう。)


かわりにガスガン使ったら、発射音を拾っているようで、
もうめちゃくちゃ。
(1m以上離れれば良いみたいだけど、テストにならない。。。)

。。

パニック状態のため画像なし。


あらためて、マイク単体でオシロする。

やっぱり。
マイクの位相が反対。
マト板を表から叩いた時に、波形が立ち下がりになっています。
A4サイズのマトに使った。φ9.8のものとは相が逆になっています。
ひどいワナですね。
電気の人たちってどうしてこうも意地悪なんでしょう。。。
シャレにもなりません。

マイクをA4の時と同じものに変更して、
BB弾発射器 ワルサーP99も新調して、
(ついこの前マガジンが摩耗して、玉がばら撒かれるようになってしまい、
予備マガジンを2つも買ってしまったため、機種変更できませんでした。)
オッケーです。


センサー距離が遠いため、裏にポリカ板を追加した方が入力良いみたい。


A3とA4比較。
いちおうは動きましたが、まだ不安定です。
実践投入はまだまだかな。


  

Posted by C.A.M. at 15:03Comments(0)こーさく電子標的

2022年03月18日

でんしひょーてきの3 音採り

センサーは、エレクトレットコンデンサマイクを四隅へ配置します。

その材料。



センサの間隔はなるべく正確な方が良さそうなので、アルミフラットバーで部品を製作。
振動が伝わらないようにコンニャクみたいな耐震固定マットで固定。
2組作って、上下に配置。



普通のマイクなので、ICレコーダーで音を聞いてみる。
良いみたい。


2chポケットオシロで波形を観察。


テスト用は10歳以上用電動ハンドガン+0.15g 約40m/sec
@3m少し離れてもオッケーみたい。



エアコッキングで0.32g @3m


オッケーみたい。



マト板の表に紙を貼って、

着弾位置を記録して、センサからの距離を測って確認。

センサ1 センサ2 距離差 時間差   測定距離差
1 (230mm, 227mm) -3mm -0.01msec  -3mm
2 計測失敗
3 (137, 198)  +59mm +0.23msec +78mm
4 (196, 153) -43mm -0.14msec -48mm
5 (119,107) -12mm -0.02msec -7mm
6 (167, 74) -93mm -0.40msec -136mm 波形乱れあり
7 (177, 165) -12mm -0.02msec -7mm

オシロの読み取りでは大雑把すぎるけど、傾向と桁は合ってるよう。














とりあえず、音は拾えているようです。
  

Posted by C.A.M. at 20:45Comments(0)こーさく集弾電子標的

2022年03月16日

空気抵抗係数算出特別実験の2 @2.0m 96〜55m/sec

その2の実験の前に、

その1で使ったares m40A6は、給弾ルートに玉が20発以上残る構造なので、玉の種類を変える時、
残弾を抜き出さないといけないため手間がかかります。

なので、


ここへ、


穴あけ、タップ、ヘリサート入れて、


レールをネジで固定して、


モノポッドを取り付け。

これでvfc M40A3もテスト機になりました。

ストックにモノポッドをつけると狙い直しの労力がかなり楽になります。
今回のように2m先の10cm角に打ち込めばいいような時は、
狙わなくてもいいので、サイト不要でどんどん撃てます。


で、
今回は、2mの距離でいろいろな玉の速度のデータを取らないといけないのですが、
銃側の出力を変えるのは簡単ではないので、
玉の重量を変えてデータを採ってみました。
(ガス銃をエア運用すればレギュレータで圧力調整=出力調整できますが、
GBBではブローバックの暴れによって銃の位置=距離が変わってしまい、
大変そうなのでボツ)


その1の@1m〜@7mの時とは違って、初速がいろいろです。
空気抵抗係数は、外観の形で決まってくるはずなので、
重さは関係ないはずです。

ただし、重い玉は速度の落ちが少ないため、終速が高くなり、初速と終速の差は小さくなります。
その方が好都合なのですが、軽い玉の場合は速度の範囲が広くなってしまうため単純比較はしにくくなります。


この中で、
0.36gのデータがなぜかおかしいです。
外径や重量に変なところはないのだけれど。。。
なんだろう?謎です。



やはり、その1の時と同様に、玉の速度が高い側で空気抵抗係数が高めとなるのは間違いないようです。




空気抵抗係数と言うと、よくこの図が出てきますが、
ものすごく広い範囲を網羅しているので、
BB弾に当てはまるレイノルズ数4000〜40000くらいの範囲での正確な値はほとんど読み取れません。
近似式も色々出てるようですが、どこを重要視しているかで変わってくるため、
bb弾の解析にあうモノはまだ見つけられていませんです。



部分拡大してみても。。。。
BB弾の範囲では、右上がりにはなってるよう。
元データがあるといいんですけど。



空気抵抗係数は、玉の重量は関係ないと言うことではありますが、比較検証等やりにくいので、
ここはやっぱり打ち出しの出力調整をできるように実験してみたいものです。



  

2022年03月14日

でんしひょーてきの2 工作


突っ張り棒を作りました。
ステンパイプの片側に丸く削ったナットを差し込み接着。
反対側には25mmほどのボルトの頭をハマる径に削って差し込み接着。



上側は、
内側のナットで張りを調整し、表のナットでロック。


底側は極低頭ネジで固定。



ベースは木(もく)で。


ゆるゆるとすすむ。
  

Posted by C.A.M. at 12:59Comments(0)こーさく集弾電子標的

2022年01月26日

M4 マガジン4本完成

VFC M4 GBB 2012verいじりのつづきです。

マガジン放出バルブのチューニングつづきです。

ピンの出を長くするだけのが調子いいので、マガジン4本とも同じにします。


分解する時はバルブの傘をドリルチャックで掴むとやりやすいようです。
調子がよかったピン出が長いマガジンは、やはりねじ込みが1mm以上浅かったです。
ネジロックの接着でかろうじてもってる感じ。



作る手順、段取りがわかったので、1ケ30分ほどで作れるようになりました。


ここはけっこう大事なネジ深さの確認。
30mm長さのネジを締め込んでみて、残りの長さからネジ深さを計算。



全長を確認。
φ3.8の穴の深さで全長を合わせ修正。


エアガンいじりにも旋盤はいろいろ役立ちます。
というか、
性能安定化工作には絶対必要。


くみたて



残骸。
取り外し部品、失敗部品、交換したOリング。


実射で試し。
マガジン毎5発。



まとまる時もあるけど、散らばる時もある?

3セット目はかなり優秀な集弾性。
ガスの良さが出てきた感じ。かも   ←妄想です。


マガジンによって集弾がちがう
ってことではないんだろうと思いますが。

GBBってブローバックが楽しいので、玉が出るのは二の次。
集弾性なんて無視していましたけど、
ガスで玉を飛ばすというのは いろいろと良い面があるのですね。



初速はコタツで温めすぎた感じ。
安全のため、もうちょっとNPAS絞っておきます。

いままでは、
元気なマガジンとか、ダメなやつとか、
なんだかなな感じでしたが、

4本とも同じように元気に使えるようになりました。

これこそ、チューニング(調律かな)♪
  

Posted by C.A.M. at 22:43Comments(0)こーさくVFC M4A1 GBB

2022年01月25日

M4 マガジン

VFC M4 GBB 2012verいじりのつづきです。


M4用2本とHK416用2本の計4本があるのですが、
どれも2012〜2013頃に購入のものなので今時のは違っているかもしれません。


で、
ブローバックが弱々のと強いのがある。



良く見てみると、放出バルブのピンの出の寸法が違っていて、
長いのが強いよう。

(画像は修正後に撮ったので、みんな同じような長さ調子の良かった強いのとほぼ同じ長さにしてみた。)


やや弱で、たぶん普通ぽいの2本はそれより1mmほど短かったよう。
(2017年頃買った新型HK416の長いタイプはこの普通っぽいのよりすこし強いか同じくらいな感じでした)
もう1本は全然弱くて、使いたくないレベルでした。


分解♪

ネジロックがギタギタになっていて、なかなかとれません。
ドリルチャックなどで挟んで、しっかり回さないと無理です。



バラした後、組み立ててみると、ピンが全然短くなってしまいました。
普通っぽいのより1mmほど短くなってしまいます。
これはもしかすると、
メーカーでの組み立て時に、ネジを最後まで捩じ込まずに長さを合わせているのかもしれません。

で、
ピンの出を長くするようにするにどうする?

まずは、
ストロークを長くする作戦でいきます。

軸部のOリングは6mmほどストロークすると出てきてしまいます。
(純正のネジを最後まで締め込んでいない状態だとOリングが完全に露出してしまいます。ガスが無駄になって あんまりよくないなぁ)

なので、

Oリングを外側に移動。


これだと、バルブリフト量はバネが詰むまで9mmほど動きます。

でも、
なんか戻りが遅いと言うか?
バネが絡む??

強いはまぁまぁ強いんだけど
いまいちな感じ。
フルオートが不安定な気もするし。
で、
ボツ。



次は、
バルブリフト量はそのままに
ピンの出だけを変える作戦。



純正とほとんど同じで、ピンのところだけ2.2mmほど長く作りました。
ハンマーコッキング時にファイアリングピンとの隙間がほとんどないくらいの長さです。



つまりマガジン放出バルブの全長が長くなります。

ちなみに、後ろの段のところでバルブリフト量が5.5mmに規制されます。





これは良いみたいです。
バルブリフト量を大きくしても、ガスの通り量はあんまり変わらないように思います。
なので、
ピンを長くして早く押されるようにしたってかんじかな。  ← 妄想です。




おまけの1

ガス漏れ修理

ネジのまわりのパッキンゴムがやぶれてくるので、ニトフロンテープを貼ってシールがわりにしました。
ネジにシールテープを巻いてもいいみたいです。


おまけの2

補修Oリング

バルブ先端のP-3リングは、脱脂して組んだ方がいいみたいです。
シリコングリス塗って組んだら、撃ってるうちに外れてしまいました。







  

2022年01月24日

M4 バレル&チャンバー芯出し修正

VFC M4A1 GBB(2012ver)いじりのつづきです。

ようは

このアウターバレルのフランジが傾いてるということです。

アウターバレルの後端、バレルベースにささるところは、

テーパーになってます。
ガタを出さない工夫なのかもしれませんが、
どーも誤差が累積していく感が強いかも。。。


フランジ部を修正加工すればいい話なんですが、
亜鉛より鉄にしたかった。
それだけの理由で、

コーサクします。


チャンバー側穴あけ、アウターバレルとのインロー内径仕上げ。

ちょっと緩くなってしまったので、

アウターバレルとは接着&押しネジを1本。



外径をそれっぽい形に。

このあと、
フランジ部の上下のピン用切り欠きとホップ調整窓を
フライスで。
(難しくてうまくいかなかったので画像なし)


1日目の工作終了。
なんか疲れた。


仮組みして撃ってみた。


まぁまぁ、良いみたい。
ちょっと左に寄るようになったかな。



2日目
今日は、

真鍮でリングを作って、

チャンバーとアウターバレルの隙間を埋めます。

これで、ただ組むだけでインナーバレルとアウターバレルの芯を合わせられるはず。



頑張った割には、いじる前とさほどの違いは無いようで。。。
疲れました。



さらに翌日、

1セット目の5発はバラバラでしたが、

2セット目は、
4発目まではほぼワンホール!
5発目、
トリガ引きたくない、
と思ってしまったら、それてしまいました。


人間力不足ですね


  

Posted by C.A.M. at 22:16Comments(0)こーさくVFC M4A1 GBB

2022年01月21日

M4 バレルナット

VFC M4いじりのつづきです。

アマゾンで2000円で買ったkeymodハンドガード。
新品取り外し部品だったのかな?

バレルナットが取りつかなくはないですけど、ガタガタです。
どうもメネジの寸法が違うよう。
バレルが通る穴もガタガタなのでバレルのセンターがどっかいく。。。
(チャンバー側で決まればイイんだけど、こっちもガタなので。)
きちんと締め込んでもバレルが左右にカタカタ動く感じ。


なので、
作ります。


苦手なメネジ切り。

ピッチ1.5mm、下穴29.86mmからスタート。

途中2回くらいバイトが引っかかったみたいだったけど、

できたかな?
計算では、切り込み量は0.96mmなんだけど、



ちょっとキツすぎ。


1.1mmまで切り込んで、

入りました。



散らかる散らかる。



見た目はほとんどおんなじですが、
黒のはあちこちが0.5mmほどガタガタです。
新作の銀色はキツキツです。



ガタなく付きました。


これだと締められないので、

まずは、普通にバイスをセットして十時に掘った後、

バイスごと45度回してテーブルに再固定。



エンドミルで再度十時に掘り掘りすれば、


数値制御(CNC)なぞ無くとも これくらいならなんとかなります。 ←ねたみ、つよがりです。


かっこよく
できました♪


これで、M110用の工具で締められるようになりました。


よくできたので、気が向いたらアルマイトしようと思います。


  

Posted by C.A.M. at 22:00Comments(0)こーさくVFC M4A1 GBB

2022年01月09日

MP5 NPAS化

久しぶりのVFC MP5 GBBRいじり です。

うちのは2011年頃購入の最初期のものです。



最近のv2バージョンの分解図見てみると

NPASは装備されていないようです。


まずは、
M4のものを見学。

太さ寸法はMP5もおなじようなので、
流用を考えます。


プラの部品(ロケットバルブ)は純正品をストックしてありました。


このバルブけっこう激しく動くようで、押しネジのくぼみ先の跡が、
アルミ部品にダメージを与えているようです。

なので、
純正部品を買わずにジュラルミンで作ることにします。
押しねじは平先にします。




こーさく


旋盤で外径と穴を加工。
画像は突っ切り中。


A2017φ10からの削り出し。2つ作っとく。


フライスで平面部を加工。
メンドーだったので2個同時加工。
と言ってもそんな魔法はこの工程でしか使えませんでしたけど。






できました♪







ローディングノズル側は、
中にささる部品の先端をアルミ部品分だけ切り取り、
回り止めの溝加工をするだけ。



ボルトへ組み込み。
NPAS流用はうまくいきました。

ボルトヘッドの固定を色々考えたんだけど、うまくいかなかったので、これはまた後日。



できました♪
外見は何も変わりませんが。



動作はだいたいいいみたいです。


このフタがはみ出してるので少々追加工。



マガジン底面を少し斜めに落として、ネジブタと平らになるように。

というのも、
最初にボンベをセットした時に、
ここが斜めってて、
ネジが斜めに入ってしまったかな?と
うっかり緩めてしまったら、
ボンベが飛び出して、あやうく死ぬとこでした。

平らになるようにしておけば勘違いしなくて済むかと思いました。 ← 妄想です。


炭酸ボンベはいろいろ危険なので、細心の注意が必要ですね。



  

Posted by C.A.M. at 18:38Comments(0)こーさくVFC MP5 GBB