2021年09月04日

どーにゅー APS的

やっとVSRにスコープが載ったので、
試し撃ち♪




今までのコピー紙のマトだと破れてしまって、
着弾点が密集してるところはなんだかわからないので、
APSターゲット紙(もどき)を導入しました。

APSとは、
Air
Precision
Shooting
だそうです。


まずは、いままでのコピー紙用の箱の中に入れて撃ってみたけど、

玉が飛び散る。。。




APSのターゲット紙(練習用)は、
2枚重ねになっていて、

上の紙にはセロテープを貼っておく。(破れ止め)


上の一枚を剥がすと

下の紙は複写になってて、着弾跡が付いていると。
ほほほぅ、なるほど、これは見やすいかも。


売ってるターゲット台を参考に
スコープの空き箱でコーサク。

的紙を手前に少し傾けてるのがポイントなのか?
でも、ホップ回転が残っていると下向きに跳ね返るんでしたかね?



VSR @7.5m(ちょっと近い)

狙点位置が高いのは、スコープの光軸を銃身軸と平行にセットしているためです。
銃身軸と光軸のオフセット値=55mm分のズレがあります。
もう10mmはホップ弱めのため、重力落下分です。
ゼロインをしていないので、この平行な軸線はどこまでいっても平行なので、
7.5mでも55mm、700mでも55mmです。

重力落下分は玉の飛翔時間で大きくなっていくため、距離が遠い、玉速が低い、と大きく落ちることになります。
今はまだ弾道実験継続中なので、この軸線のズレを計算から簡単に排除できるように平行を保っています。

ついでに、ares M40A6も@7.5m

これはスコープのオフセット75mmなのと落下分がやや大きめなので、105mm上、
左右のずれがあるので右へ6mm、
狙点をずらしています。



撃ってる時は、撃ちやすかったけど、



結果はおんなじだなぁ。。。




スコープのピントがきちんと合うのと合わせられないのの差、
銃の重量は重い方がピクピクしない?、
ストックの下のモノポッド、これが一番撃ちやすさかな。慣れないうちは狙いにくくはあるけど。
トリガータッチとかは、よくわからんです。。。

やっと
集弾データとりの入り口に立てた気がしました。




  

Posted by C.A.M. at 12:09Comments(0)こーさくARES M40A6VSR10集弾

2021年09月03日

スコープが載らない の2 レール修正

VSRにスコープが載らない のつづきです。



最初は、ネジ頭が少し出っ張ってるので、しっかり載らないのかな?と思いましたが違いました。
(23は銃口からレール上面までの高さのメモ書き。書いとかないとすぐ忘れる。)



レールの形状を修正するため、ピカティニの規格を調べました。(WiKiより)




規格は取付寸法であって、外形寸法や加工寸法ではないです。
中心振り分けで0.835”(19mm)幅のところが 0.108”(2.74mm)厚さで45°面にあたるような寸法となるようです。


これらから、外形寸法を計算して

こんな感じかな?

断面図の方では、高さ方向の寸法がいまいちよくわからず、

側面図の方の図形線から、
上面横溝の深さは最大幅部の下側と一致?(下側の図)
ということにして寸法を決めました。



カコー

まずは、マルイのマウントレールで練習。

これは上面横溝の深さが浅いため、レール下側の斜面を削り込むことにしました。
サッとさらってみた。



計算では0.3mmほど削れば良かったようなんだけど、


0.6mmくらい?でやっとスコープマウントがセンターあたりにくるようになりました。


左右両方ともを加工して、
まぁまぁ、よくできたかな。
ちなみにこのモノは亜鉛ダイキャスト。




締まり具合もいいみたいです。




つづいて、ノーベルアームズ製の方。
こちらはアルミダイキャスト品。

上面の横溝が3.3mmほどと深めなので、
レールの上面側三面を加工しようと思ったのですが、
ワークの固定が難しそうだったので、
マルイ練習と同じ方法をとることにしました。
サッとさらってみたところ。
う〜ん、角度もあやしげだし、すこしねじれもある??
まぁ、固定方法もアバウトなので、モノのせいとは断言できませんが。。。

こちらも0.6~0.7mmほどを切削しました。


溝が深いので、下側の45°面に凸凹が現れてしまいました。
やっぱり上側を削るべきだった。。。 ←手遅れです。




ピカティニの規格にはできませんでしたけど、
スコープはちゃんと載るようになりました。

できました♪


追記ーーーーーーーーー
削り過ぎたようで、
マウントによっては締めが足りず、
カタカタするものがありました。
やっぱり0.3mmでやめておけば良かったようで。。

マウント側の寸法もサマザマ規格のようです。
  

Posted by C.A.M. at 22:59Comments(0)こーさくVSR10

2021年08月31日

ピストンの計算の1.4 ストロークスペーサー

ピストンの運動の計算の前にもう一点。


ストロークスペーサーは、シリンダーのヘッド側に入れて、ピストンの終端側ストロークを短くするもののようです。



簡単に考えて、
コッキング時のスプリングたわみ量は変わらないので、
”ボルトをコッキングする時のストロークが短くなるだけ”
と思っていました。
初期荷重が大きくなるのでボルトを引く仕事量も大して変わらないのではと。




バレル内の計算で求めると、
弾が発射されるのはピストンストロークの2/3くらいのところらしいので、
後半の30mmほどは無駄に排気しているだけのようです。
その証拠に、エアブレーキロッドなるものの長さが20mmほどもあって、
これはノズルを塞ぐわけなので、この間は玉に対しては仕事をしていないということ。

実際エアブレーキロッド無しのピストンにして、25mmほどのスペーサを入れてみても、初速は変わりませんでした。



と思っていましたが、
まじめにバレル内の計算にストロークスペーサーを取り入れてみると、
そんな簡単ではないみたいです。

まずその前に。
圧力を2気圧まで上げるには、ストロークの半分までピストンを進めなければいけないということです。
圧縮前の容積が半分になった時に2気圧になるわけです。
シリンダの径や長さをいろいろに変えても、この原則は変わらないはず。


それをふまえて。
スペーサーを入れるとストロークが減ります。
たとえば20mmのスペーサーを入れるとストローク90mmだったものが70mmになります。
ストロークが減った分、ピストン位置がスペーサーを入れる前と同じでも圧力は高くなっているはずです。
入れる前は45mm地点で2気圧ですが、入れた後は35mm地点で2気圧に達し、45mm地点では2.8気圧になる計算です。


ただし、
これはノズルを塞いだ時の簡略化した時の話であって、
玉を押すときには、
玉が進んでいく分のバレル容積がプラスされるので、
ピストンの受ける反力が違ってきて、
同じバネであっても、
ピストン位置と時間の関係には変化がでると思います。
でも、もしかすると、玉が銃口から出るタイミングが早まるかも。  ←妄想です。


たぶん、
チューニングをすすめていくと
圧力を早くあげたいという場面が出てくることもあると思いますが、
そういう時に有効になるかもしれません。

加速ポートは、ピストンの速度は早めに上がりますが、シリンダ内の圧力の上がりは遅くなる方向かな。

まずは現象があって、それを科学で立証して、
ある程度までを計算で検討できるようになったらおもしろい。




  

2021年08月20日

ホップレバー

ares M40A6いじりのつづきです。




ホップレバーはプラスチックです。

軸が亜鉛ダイカストのチャンバーに一体成形されているため、

抜き勾配があってφ3.0〜φ2.6のテーパーピン状になっちゃっています。

なので、
まずは、軸を改作。

いきなり3mmのドリルでやってしまったら大きめの穴になってしまい、
リカバリした結果φ3.5と極太になってしまいましたが、
まぁ、悪くないかな。
(一番上の画像は軸改作後のものでした。)

試し撃ち

なにも変わりません。。。
がっかり。




本題、
レバーを作る前に
チャンバー側の整形。





レバーの入るスロットの横幅を仕上げました。


vsrとかで、アルミテープ貼って調整する大事なところですね。



レバーはキー材から。






レバー部はできました。


押しゴムはt2のゴム板を貼ってからテキトーに薄く削ぎました。
イチオー狙いはちょうどいいホップ具合の時に水平になるように。


抜き弾抵抗60gfの時のでっぱり具合。


210gf(実使用上ほぼマックス)の時のでっぱり具合。
まだ出せますが、玉詰まりしてしまいます。


で、
撃ってみましたが、

カワリバエはしません。。。




玉選別した際に、軽すぎで除外したものを使ったから、
というわけでもなさそうなのですが。


結果が出ないことばっかりやってると
講釈タレになっていそうです。

  

Posted by C.A.M. at 20:35Comments(0)こーさくARES M40A6

2021年08月19日

Oリング

ares m40A6 いじりのつづきです。

Oリングって
ぐにゃぐにゃして測りにくいので、
現物があっても、どの型番なのかさっぱりわかりません。



それらしいのを買ってみて、並べてみれば、
なんとか探し出すことはできます。


そんなんで、
買ってあった太いのの方だと勘違いしてしまって、
その溝寸法で加工してしまいました。

大失敗。





シリンダ内径は

ノーマルアルミがφ22.2、
TX system co2用のステンのがφ22.6と
違ってたので、
ステンの方に組んでみたら使えそう。   
ちょっと溝が大きくてスカスカな感じですが、
漏れは無し。
摺動抵抗は70gfと小さくなった。

もったいないので、使ってみることにします。


そのせいなのかなんなのか、
撃ってみても

ぜんぜんカワリバエはしませんです。


ここまでやってきて、
そうだ、タマのせいかな?
しばらく選別してなかったので、またやってみますか。
  

Posted by C.A.M. at 13:26Comments(0)こーさくARES M40A6

2021年08月18日

ピストン

ares M40A6いじりの続きです。


どーもエアガン関係のOリング溝寸法は疑問。。。

なのでピストンを作ります。

外径φ22.1くらい


穴掘り
φ12深97
スプリングが座るように穴の底面を平にしないと


真ん中に残った凹みはしかたない。


ここまでがタイヘン。



外径は見ながらできるから楽しい。
















が、
Oリング型番ミス。
太いもの(φ2.62)で作ってしまった。。。。
Oリング太いと摺動抵抗大きくなってる気がする。。。。
いや、外径が大きい分かな?


失敗です。

  

Posted by C.A.M. at 16:58Comments(0)こーさくARES M40A6

2021年08月11日

インナーバレル

ares M40A6 いじりのつづきです。



Raven 01+というインナーバレルを使ってみます。

もとのは長さ335mmなので95mm長いです。


アウターバレルぎりぎりまでの長さにするには、82mm切ることになります。
すると長さは、348mmとなりノーマル比+13mm。

とりあえず430mmそのままの長さで組んでみて、データを採って、

と考えたのですが、初速オーバー。
バレル長さ2種類のデータが採れるつもりだったのに残念。
即刻分解です。
もっと弱いスプリングがあればよかったんだけど。。。






348mm長さに切断。
先端はファンネル形状に。

ペーパーで仕上げ。






試し撃ち。

まずはホップゼロにして
重力ドロップを確認します。

ホップパッキンを完全に引っ込めると玉ポロするので、

水平から100mm上を狙います。
仰角をつけて、bb弾が銃口に向かって転がっていかないようにする作戦です。


仰角をつけて狙うと着弾高さは水平に狙った時より少し上にズレる計算です。
ここでは約11mm。

弾道計算値110mmに対して、実測105mmだったので、
バレルの上下方向の傾きはほぼオッケーかなと。

左右はやや左向きなのをまだ直してません。



つづいて、
いつもの ホップ弱めな抜弾抵抗60gfにセットして、
10発 x 3セット @11m。

同じ穴ぼこに入っていく時と、
変なとこに曲がって飛んでいく時がほぼ半々??
なんかちょっとクセのある散り方?




おまけ
スプリングのプリロードが増えないように、
スプリングガイドを加工してスラストベアリングを入れました。

が、スプリングの伸びが良くなったのか、
Oリングの潤滑剤が効いたのか、
初速は下がりませんでした。

追記ーーーーーーーーーー
このスプリングガイドは、皿の部分と棒の部分は別体で
ねじ込みになっているのですが、
そうとは知らずに棒を切り落としてしまいました。

正解は、
まずφ7の棒の部分を回して外し、
皿の側のφ12のところを長さ5mmφ6に落として
ベアリングがハマるようにすればオッケーです。


僕のは、
切ってしまったφ7棒にM5のメネジを切って、
長めのイモネジをネジロックしてオネジとしました。
皿の方の部品からはオネジの残骸をほじくり出して、
なんとかリカバリ。




  

Posted by C.A.M. at 18:38Comments(0)こーさく弾道計算ARES M40A6

2021年08月04日

ノズルとチャンバ

ares M40A6いじり
のつづきです。


ノズルの根元に真鍮をはめこみ

φ8.5に仕上げ。
(もともとの寸法はφ8)


チャンバーの後ろの穴も
φ8.5で仕上げ。
(もともとの寸法はφ8.3くらい)


こんな感じ。
インナーバレルとパッキンとノズルが一直線になる。 ← 妄想です。





もう一つ
インナーバレルの切れっ端で作ったφ8.5のノズルもどきをφ10ほどのステンパイプへ取り付けて、




チャンバに刺します。




BB弾ストッパがのかされるので、
ホップ突起を見ることができるようになります。


パイプで延長してるのは、
組んだ状態でも見れるように。
このパイプの向きで、インナーバレルとチャンバーの向きの確認にもなります。
バレルがそっぽ向いていれば、このパイプもレシーバーの中心からそれます。





アウターバレルをレシーバーに組み付ける時に、
ホップ突起の向きを真上に合わせられるようになりました。

こうやってみると、
アウターバレルの上に立ってる調整ネジは少し傾いているような気も。。。。



試し撃ち
7m距離では良くなった差はほとんど分かりませんけど、悪くはなっていないようで、
このくらいなら良いのではないかな?


ノズルにつけた真鍮のスペーサー、
ボルトを戻すときにちょっとゴロゴロした感じ。
ここは樹脂の方が良かったかも。


  

Posted by C.A.M. at 20:33Comments(0)こーさくARES M40A6

2021年08月03日

バレルとレシーバーの2

ares M40A6いじり
のつづきです。


アウターバレルの内側にエクステンション追加してみたりもしたけれど、
アウターバレルの内側はデタラメで内径が斜めってたりしてるので、
かえって悪い。
レシーバー側も穴がテーパーになってるし。


レシーバーとアウターバレルの間に挟むシムも
傾き調整のために
追加していくと
だんだんキツくなる。

分解組み立てするたびにボロくなっていき、
あげくにシム崩壊。。。。


なので、
シンプルにt0.15の丸めたシムをレシーバー側にメタルロックで接着しました。
(アウターバレル外径φ29.9 レシーバー内径φ30.2なので、その隙間を埋めるシム厚さ)
アウターバレルとくっついてしまうと2度と分解できなくなるので、
(いや、多分熱かければ取れる)
シリコンスプレーをアウターバレル側にしっかり塗り込んで組み込み、
接着剤が硬化した後、軽く叩いたら無事に抜けました。

接着前は、木槌で叩かないと組めませんでしたが、
接着後は、ぎりぎり手で組んだり抜いたり回したりできるくらいのはめあいになりました。
シムはSPCCにしたので、がじったりせず滑りがいいです。


バレルとレシーバーの傾きは目で見ても
なんとなくは見えるんですが、
バレル基部φ29.9のところをバイスで挟んで、
スコヤで見るのが確実みたいです。



左右、上下とも
だいたいいいみたい。


バレルがまっすぐ向いてると、
トーゼン、ハンドガード他ともシャキっとまっすぐ。



試し打ち。
まだちょっと左寄り。。。。。
上下は重力ドロップ具合からほぼオッケー。



おまけ

このco2用SUSシリンダーあんまり出来が良くないようで、

スリットのところが押されたようで、両脇が0.2ほど出っ張っています。
どーも加工を急ぐあまり工作物を変形させてしまっているのでは?
手送りの機械で手加減、音加減をしっかり覚えてからでないと
自動送りの機械の切削条件を机上で決めちゃう危険ってのがあるような気がする。

なので、
詰め物をして叩いてみたけど全然直らないので、

そのまま軽く旋盤でさらって修正しました。
(スリットのせいで剛性低く、SUSは硬いので切れが悪く出っ張りのとこだけうまく削れない。
詰め物でつぶれ変形を少しは防げるはず)
真円とはなりませんが、まぁボルトを軽い力で戻せるようにはなりました。
  

Posted by C.A.M. at 15:10Comments(0)こーさくARES M40A6

2021年07月19日

レシーバー

ares m40A6
いじり のつづきです。

レシーバーの内径と外径の同芯度ー合ってない。

いきおいで
内径の穴に合わせて
外径を削ってしまったけど


間違いな気がする。



塗装修正まで必要になってしまって
余計なことを。。。。。


アウターバレルの内径(チャンバーより後ろ側50mmくらい)ー曲がっている。
レシーバーのバレル差し込み部内径ー曲がってる。ぶかぶか。
この2点を旋盤で修正加工できればいいんだけど、
うちのミニ旋盤では無理。長手が足りない。。。

なので、
うまくいかず。
結局シム挟みで妥協。



トップレールとレシーバー取り付け部の亜鉛部品をメタルロックで接着。
これでトップレールはホンモノと同じように一体に。



見た感じでは、レールとバレルはほぼ同じ方向を向いている。
でもまだちょっと左向きっぽい感じは残ってる。


試しうち。

まだ3MILも左。
見た目よりもそれている???
集弾は良くなってる感じ。いや、そんな気がしただけ

ノズルの位置がしっかりしたせいなのか、
初速のばらつきが良くなってる。



  

Posted by C.A.M. at 10:47Comments(0)こーさくARES M40A6