2021年07月19日

おかいもの の1 だいこーけー

ares M40A6 いじり のつづきです。

今までのスコープ&マウントはM110用のモノ。
流用使用してましたが、A6はチークパッドが高いのでまっすぐ覗けません。


ナイツもどきより、ちょっとばかりマウント位置高めの
良さそげなのが見つかったので、ポチって、
ついでにスコープまで、ポチッと。
レールとの隙間を大きくさせないために対物口径φ50。  ← 見た目優先


レーザーレベルに載せて光軸チェック


おう、

ぴったし中心出してくれてる。
追記ーーー
レーザーとスコープの光軸に77mmオフセットがある状態。
この2つは平行なので、距離が7mでも300mでも、照準の77mm下にレーザーポイントがきます。
ーーーーー

それより、なにより、

サイドフォーカスが@7mでもピントばっちり
ズーム最大でもバッチリ。


大口径だから20mくらいからかな?遠距離専用になっちゃう?とか思っていたけど、心配してて損した。
儲かった気分。
これで、部屋撃ちでも視差に悩まされなくてすみます。
追記ーーーー
視差があると頭の位置が動くたび、照準線と狙点がずれるので、
実質狙えません。
頭の位置を動かして狙点を合わせるような撃ち方となってしまうとトーゼン玉はあたりません。
ーーーーーーーーーーー



トップレールを3mm裏当てしたのとマウントで4mm、
合計で7mm光軸が上がったので、まっすぐ覗けるようになりました。



@11mでも視界良好。


1.7萬の割には十分見栄えがするかと。


ブログ記事は項目ごとに多少まとまってから書いている都合で、画像の順序は時系列になっていません。
↑なので、レシーバーがまだ黒です。
  

Posted by C.A.M. at 14:30Comments(0)レーザースコープARES M40A6

2021年07月02日

バレルが上向き

11mから撃ったところ、
着弾位置が上すぎだったので、

チョーサします。


バレルレーザーを

紙を丸めた筒に

付けて、

ボルトを抜いて、チャンバーへ差し込みます。


スコープはレール付きレーザーレベルを使い、光軸をマウントと平行に合わせてあります。


スコープの光軸と銃身の中心のオフセットは74mmですが、



8mの距離で40mmほど上にレーザーポイントが来ています。

つまり1/200(= 5MIL ) ほど銃身が上を向いているようです。。。。。


7/3追記*******
すこし数字がまちがい。
銃身とスコープのオフセットは68mmでした。
74mmはレーザーレベルの時のオフセット寸法でした。
なので、
8mで35mmほど、1/230 (4.4MIL)でした。
************


11mで撃った時のドロップ量とは数字がうまく合いませんが、
銃身が上向きになっているのはまちがいないと思います。


つづく






  

Posted by C.A.M. at 10:04Comments(0)レーザーARES M40A6

2020年05月23日

寝せて撃つ その7 番外編

ホップパッキンまわりの物理とバレル内の運動計算シートをやっているのですが、
なかなかうまくいかず、まとまりません。

なので、
連休中にやった横に寝せて撃った時のことを。



前回は、外で右側だけに寝せて測定しましたが、風の影響があったりして。。。

今回は、室内で右左両側とも寝せてやってみました。




銃口の高さと


マトの高さを合わせて、狙線を水平に。




距離は銃口からマトまでを8.0mに。

スコープの光軸をレーザーレベルで確認

おっと、マト紙の上方が足りなかった。。



紙を足して。
レーザーとスコープの光軸オフセット、左右のブレはほぼオッケーです。
ただ、近すぎてサイドフォーカスが合わせきれてないのでピンボケです。
撃つときも視差が出て狙いにくいです。



そうして、
ホップ強さ2種について、
右に寝かしたものと左に寝かしたものを
銃の上向きを揃えて並べてみると

スコープ の狙点の56mm下に銃身の軸があるので、
着弾点はその銃身軸からの寸法となります。

ホップアップ量は右左でほぼ同じですが、
重力によるドロップ量が左右で10~14mm違っています。
(ホップ違いでドロップ量が違うのは初速が変わるため)

ということは、銃身軸が左右方向にブレている??



すると、
上下方向もあやしいので、
普通の向きと銃を逆さまに構えて撃って比べてみました。

上下では25mmほども差がありました(汗
(上下比較するためにはホップゼロにする必要があります。
が、ホップゼロというのは弾の保持位置がフリーということなので、タマポロ状態になっているときには初速が落ちてしまいます。
なので、結構難しいです。とくに逆さでかまえた時の体勢では厳しいです。)



つまりこれは、
重力というのはいつでもどこでも一定なものなので、
これを信ずるとすれば

スコープの軸線と銃身の軸線の平行のズレがドロップ量の差となって出てくる。

ということですかね。



銃身の軸のズレを考慮してドロップ量とホップアップ量を補正すると





スコープの光軸は
レーザーレベルを使ってレールに対して出しているつもり。

銃身はレシーバーのレールに対してまっすぐ付いているだろうという思い。

から、
スコープと銃身は平行なはずと思っていましたが


8m先では
銃身が右へ6mm、下へ12.5mm外れた方向を向いている
ということみたいです。

といっても、

銃身長 約60cmでは右へ0.45mm、下へ0.93mm

ということなので、
ちょっと見たくらいではわからないくらいのブレかなと思います。


んで、
これは 銃身を修正するんじゃなくて、レールを調整すればいいんではないかと。
(M40A3ではレシーバーにレールがボルトどめされているので)


追記ーーーーーーー
これは銃の素性を調べるためのことで、
精密狙撃銃を選別する方法を探ってみた実験です。
通常の実用範囲ではスコープをゼロインすれば済むことです。

なので、普通は、
ボクの銃曲がってる〜
ってことには気付かずに幸せでいられるということです。
  

Posted by C.A.M. at 09:01Comments(0)レーザーVFC M40A3弾道計算

2020年05月12日

ガンカメラで弾道解析 の1 まずはテキトーにやってみた

ガンカメラで撮った画像からBB弾の位置を拾い出せば弾道がわかるはず!?

とりあえずテキトーに撃ったらいろいろあちこち角度やオフセットがついていて、解析がとても難しい。

時間はビデオのフレームレートからわかります。

距離はビデオではわからないので
弾道計算で時間から距離を求めます。
なので、初速データが必要です。

距離がわかれば、
ビデオ画像の写っている視野の範囲がわかるので、
BB弾が写っている位置から 弾の位置がわかります。
なので、カメラの画角を知っておく必要があります。

あとは撃ったときの銃身の角度。
水平を保って撃てば計算は簡単になりますが、実験時はなかなかそうもいかないようで。。。

弾道計算シートで

弾道を出してビデオの位置と比較していきます。

ホップ回転数のみ測定方法がなく未知のものとなっているので、
その辺を補正しながら、
弾道を近づけていくと

結構一致させることはできるみたいです。
ちょっとウサンくさいけど。。。。



正確性を増すため
まずはガンカメラの光軸を合わせます。

レーザーレベルを使って


光軸が平行になるように合わせます。

じつは、いままで、画像中心にマトの中心が来るようにとやっていたので、銃身とのオフセット分があるためかなり傾いたセットになってました。
スコープとおんなじわけですよね。

実験中は
オフセット分はオフセット分として、
スコープ、銃身、ガンカメラはすべて平行に合わせておくと計算が楽なはずです、
が、実際はそううまくはいかないようで。

スコープだけは それを合わせられる機構が付いていますから簡単ですけど。
といまさらながら 当たり前のこと に気づいたという訳です



つづく
  

2020年04月16日

バレルレーザー


市販のレーザーポインターは光軸があっていないようで


旋盤で回すと円を描いてしまいます。

なので

ガワを作って、四方からの押しネジで光軸を出します。




こんなもんで。。。



これを

インナーバレルに差し込んで



レーザーポイントにスコープをゼロインして
(銃身〜スコープのオフセットはそのままに)



8.5m先のターゲットに撃ったら

こんなんです。
左に5cmほどもずれてます。



レーザーが合っていないのか?
弾が曲がって飛ぶのか?

全然訳わからないので、保留中。


  

Posted by C.A.M. at 19:59Comments(0)レーザー

2020年04月10日

マウントがダメ

Vブロックで光軸を合わせたスコープを

レーザーレベルに載せて
ターゲットに向けると

レーザーポイントが全然ズレてる

いろいろ点検した結果
安物のマウントがダメっぽい。

φ30のミガキ丸棒を載せて

ダイヤルで測定したところ、左へ向いてる
60mmで0.15mm
レール側とスコープ側で2.5/1000ほど平行がずれてることに。

とすると9mで23mmなので
だいたい計算合ってる感じ



しゅーせーかこー

ほんとはスコープ取り付け側をボーリングしたかったけどできなかった。。。


もう一回レーザーレベルに載せてみる

だいぶ良くなったけど もうちょっと


最後は手やすりで修正


こんなもんで妥協

普通に使う分には問題無いことですが、
精密狙撃銃としては ちょっとお粗末なので、いじくりまわします。









  

Posted by C.A.M. at 19:30Comments(0)レーザースコープ

2020年04月06日

レーザーレベル


レーザーレベルにピカティニレールを付けてあります。
これにスコープを載せて

マトにレーザーポイントを当ててみれば
マウントレールに対するスコープの光軸を合わせることができます。



ここを基準としていろいろと見ていきます。


  

Posted by C.A.M. at 21:43Comments(0)レーザースコープ

2020年02月13日

あいあーる

InfraRed 赤外線


昔買ったハンディカムのナイトショットをオン


緑色の変な画像になります。



パチpeq / ATPIAL
Advanced Target Pointer Illuminator Aiming Light
可視光レーザー、不可視光レーザー&イルミネーターを照射、照準する装置。
と並べて

暗くすると

完全に不可視光というわけでなくて、肉眼ではうっすら赤く見えます。
デジカメだとピンクっぽい赤紫に写ってますね。


ハンディカムのナイトショットで撮った画像は

こんなんなります。



NS(ナイトショット)ライトをオフにして、

ぱちpeqのIRを照射してハンディカムで撮ってみると

よかった♪
ハンディカムよりかなり弱いです。
もしレーザーだったりしたらでしたので。






2020.4.29 みんカラより引越し

  

Posted by C.A.M. at 13:14Comments(0)レーザー

2019年11月01日

ぜろえん


レーザー付きレベルに
ピカティニレール取り付け



銃に載せる前に、中心をだしておく。



射撃が難しいのは、
銃身と照準が同軸ではなく、上下にオフセットがある点。
2つの軸を平行にあわせたら、画像のようにレーザーポイントは常に照準の数センチ下になる。

射撃距離が遠いほどレーザポイントと照準は近づいて見えるようになる。
夜ならこのレーザーポイントでも200m以上見えるので、見た目には一致しているようにはなるけれど、数センチ下にポイントがあることは変わらない。

おもちゃのテッポウでは10〜40mくらいの距離でしか使えないので、
この照準視差はとても大きく見えてしまう。

たとえば10mの射撃距離で、
照準とレーザーポイントを一致させるとすると、
照準軸とレーザー軸が射撃距離のところで交差する 
x状になってしまう。
すると20mの距離ではオフセット分 上側に、
30mの距離ではオフセットの2倍分 上側に、
レーザーポイントがくることになる。


また、倍率のあるスコープでは、
通常、ほぼ無限遠にピントが合わせてある。(のかな?)
距離が近いほど 見かけ上のピントの合う範囲も狭くなるので、
カメラで言うところの前ボケがぁー とか言う状態になってしまっている。

対物側のピントが合っていないと言うことは照準面の後ろで結像してしまっているため、
接眼側をしっかり中心で覗かないと、照準線と対物像にズレが生じてしまう。

なので、
近距離で小さな的を使った精密射撃と言うのは、意外にも難しいものなんですよ。 ← 妄想です。


アサブロより引越 2020.4.23  

Posted by C.A.M. at 14:35Comments(0)レーザースコープ