2021年09月03日

スコープが載らない の2 レール修正

VSRにスコープが載らない のつづきです。



最初は、ネジ頭が少し出っ張ってるので、しっかり載らないのかな?と思いましたが違いました。
(23は銃口からレール上面までの高さのメモ書き。書いとかないとすぐ忘れる。)



レールの形状を修正するため、ピカティニの規格を調べました。(WiKiより)




規格は取付寸法であって、外形寸法や加工寸法ではないです。
中心振り分けで0.835”(19mm)幅のところが 0.108”(2.74mm)厚さで45°面にあたるような寸法となるようです。


これらから、外形寸法を計算して

こんな感じかな?

断面図の方では、高さ方向の寸法がいまいちよくわからず、

側面図の方の図形線から、
上面横溝の深さは最大幅部の下側と一致?(下側の図)
ということにして寸法を決めました。



カコー

まずは、マルイのマウントレールで練習。

これは上面横溝の深さが浅いため、レール下側の斜面を削り込むことにしました。
サッとさらってみた。



計算では0.3mmほど削れば良かったようなんだけど、


0.6mmくらい?でやっとスコープマウントがセンターあたりにくるようになりました。


左右両方ともを加工して、
まぁまぁ、よくできたかな。
ちなみにこのモノは亜鉛ダイキャスト。




締まり具合もいいみたいです。




つづいて、ノーベルアームズ製の方。
こちらはアルミダイキャスト品。

上面の横溝が3.3mmほどと深めなので、
レールの上面側三面を加工しようと思ったのですが、
ワークの固定が難しそうだったので、
マルイ練習と同じ方法をとることにしました。
サッとさらってみたところ。
う〜ん、角度もあやしげだし、すこしねじれもある??
まぁ、固定方法もアバウトなので、モノのせいとは断言できませんが。。。

こちらも0.6~0.7mmほどを切削しました。


溝が深いので、下側の45°面に凸凹が現れてしまいました。
やっぱり上側を削るべきだった。。。 ←手遅れです。




ピカティニの規格にはできませんでしたけど、
スコープはちゃんと載るようになりました。

できました♪


追記ーーーーーーーーー
削り過ぎたようで、
マウントによっては締めが足りず、
カタカタするものがありました。
やっぱり0.3mmでやめておけば良かったようで。。

マウント側の寸法もサマザマ規格のようです。
  

Posted by C.A.M. at 22:59Comments(0)スコープVSR10

2021年09月01日

スコープが載らない


付くには付くんですが、しっくりこない。



まず、Gスペックに付属のレールは、溝が少なくて、全滅でした。
うちにある光学機器はひとつも載らなかった。。。


ですが、
問題はそこではなくて、

レールの上側の山が厚ぼったいので、隙間があいてます。



しかたなく、溝の多いこれを

買い足したのですが、


ど〜も、着弾位置がおかしい。。。

並べて見たら、レール断面形状はマルイ規格?とまったく同じで厚ぼったい。
ピカティニではないみたいです。

とーぜんながら、隙間の分、中心がずれてます。


マルイ規格?なので、

どっかから発掘してきたマルイのスコープリングならぴったり。



でも、

いまどきφ25のスコープは使わないですよね。




安物のプラのレールでも、このようにぴったりハマるのが当たり前だと思っていました。


いまどき、こんなことって ありなのでしょうか?

  

2021年07月19日

おかいもの の1 だいこーけー

ares M40A6 いじり のつづきです。

今までのスコープ&マウントはM110用のモノ。
流用使用してましたが、A6はチークパッドが高いのでまっすぐ覗けません。


ナイツもどきより、ちょっとばかりマウント位置高めの
良さそげなのが見つかったので、ポチって、
ついでにスコープまで、ポチッと。
レールとの隙間を大きくさせないために対物口径φ50。  ← 見た目優先


レーザーレベルに載せて光軸チェック


おう、

ぴったし中心出してくれてる。
追記ーーー
レーザーとスコープの光軸に77mmオフセットがある状態。
この2つは平行なので、距離が7mでも300mでも、照準の77mm下にレーザーポイントがきます。
ーーーーー

それより、なにより、

サイドフォーカスが@7mでもピントばっちり
ズーム最大でもバッチリ。


大口径だから20mくらいからかな?遠距離専用になっちゃう?とか思っていたけど、心配してて損した。
儲かった気分。
これで、部屋撃ちでも視差に悩まされなくてすみます。
追記ーーーー
視差があると頭の位置が動くたび、照準線と狙点がずれるので、
実質狙えません。
頭の位置を動かして狙点を合わせるような撃ち方となってしまうとトーゼン玉はあたりません。
ーーーーーーーーーーー



トップレールを3mm裏当てしたのとマウントで4mm、
合計で7mm光軸が上がったので、まっすぐ覗けるようになりました。



@11mでも視界良好。


1.7萬の割には十分見栄えがするかと。


ブログ記事は項目ごとに多少まとまってから書いている都合で、画像の順序は時系列になっていません。
↑なので、レシーバーがまだ黒です。
  

Posted by C.A.M. at 14:30Comments(0)レーザースコープARES M40A6

2020年04月27日

ミラーレス

スコープには一眼レフカメラのようにミラーはないので、
ミラーレスでは言い方がおかしいですが、

対物側にセンサー
接眼側はディスプレイとして
いろんな補正を加えた映像を照準に使うのが
きっとこれからのハイテクスコープとなるでしょう。

距離、風向き、重力方向、気圧、空気密度などは当然、
ナイトビジョン、サーモビジョンも顔認証も
日本で売ってるカメラ、ビデオ技術のほとんどが搭載できるでしょう。

ブレ補正とかしちゃうと、弾はあさっての方向に飛んでいく気がするので、これはボツかな?
あぁ、バイポッドかどっかにハンマー的なのを仕込んでおいて、照準のズレ分を銃身たたいてハズレ補正を力づくで加えるとかすればオッケーか(笑


直通の光線がないから
ダイレクトローレススコープ(Direct Raw Less Scope)とか命名しておきます(笑
追記
いや、ダイレクトビューレス(Direct View Less)のほうがいいかな(笑

↑妄想です。




  

2020年04月13日

サイドフォーカス

商品説明では10ヤードから∞となっていましたが、
室内では、ピントがこない。






最短15mって感じです。

対物レンズを前に繰り出そうとカニ目を出すも

びくともせず。。。


なので、
サイドフォーカス分解

イルミの基板を外し

フォーカスノブを外し、

裏のカムはこんな。余裕はないわな。


ピンの前後でピントレンズが動くらしい。


基部を外すと ピンはもう少しばかり後ろへいくので、もうちょっと寄れるようにはできそうな気も。。。




ここをいじるのはやめて
やっぱり対物側を攻めることに。



工具を作って


ヒートガンで100度くらいに熱しながら緩める。


やっとこすっとこ取れました。
トヨタブラックみたいのでがっちり対物レンズ枠までくっついて一緒に回ってきました。


ボロボロ。。。


壊れなかったので良しとします。

対物レンズ2回転繰り出し(1.2mm)で8mくらいまで寄れるようになりました。
ただし遠距離側は20m。
室内専用セッティングかと。





  

Posted by C.A.M. at 20:15Comments(0)スコープ分解マニア

2020年04月10日

マウントがダメ

Vブロックで光軸を合わせたスコープを

レーザーレベルに載せて
ターゲットに向けると

レーザーポイントが全然ズレてる

いろいろ点検した結果
安物のマウントがダメっぽい。

φ30のミガキ丸棒を載せて

ダイヤルで測定したところ、左へ向いてる
60mmで0.15mm
レール側とスコープ側で2.5/1000ほど平行がずれてることに。

とすると9mで23mmなので
だいたい計算合ってる感じ



しゅーせーかこー

ほんとはスコープ取り付け側をボーリングしたかったけどできなかった。。。


もう一回レーザーレベルに載せてみる

だいぶ良くなったけど もうちょっと


最後は手やすりで修正


こんなもんで妥協

普通に使う分には問題無いことですが、
精密狙撃銃としては ちょっとお粗末なので、いじくりまわします。









  

Posted by C.A.M. at 19:30Comments(0)レーザースコープ

2020年04月09日

Vブロック


スコープをVブロックに載せて


ターゲットぽいものに向けて


回します。
光軸とレティクルの中心が合っていないと、ターゲットから外れます。



レティクルを上下、左右調整して
回しても外れないように合わせ直します。


光軸とレティクルの中心が合うと
スコープを回しても、ターゲットから外れなくなります。
この状態がスコープ内のエレクターチューブが中立の状態ということのようです。

しかし、
このスコープの場合、ボディと光軸は すこしばかりずれているようで、
視野もほんの少し移動しているように見えます。


この中立位置から調整限界までレティクル調整ノブを回してみると
上下はそれぞれ5回転と6目盛りで、中立位置がほぼ中央になっていましたが、
左右は、右へは4回転と53目盛り、左へは4回転と18目盛りとなっていて
17目盛り分ほど中央からズレていました。

このスコープでは、レティクル調整ノブの調整範囲中央を探る方法では
光軸出しがうまくできないみたいです。
(たぶん、イルミネーションの何かがエレクターチューブから出っぱってる。  ← 妄想です)


  

Posted by C.A.M. at 20:51Comments(0)スコープ

2020年04月06日

レーザーレベル


レーザーレベルにピカティニレールを付けてあります。
これにスコープを載せて

マトにレーザーポイントを当ててみれば
マウントレールに対するスコープの光軸を合わせることができます。



ここを基準としていろいろと見ていきます。


  

Posted by C.A.M. at 21:43Comments(0)レーザースコープ

2020年03月17日

@12m


対物とレティクルのピントがすこしばかり一致してない。

視度はD-1.5強に調整したのでカメラのピントは0.6mあたりに来てる。
そのためスリングのバックルにもピントが合ってる。
(この画像だとレティクルじゃなくて対物にピントが合ってる。
対物レンズがほぼ無限遠に焦点が合うようになっているので、
カメラのピントは視度の距離よりもすこしばかり手前に来ているはず)


このくらいのズレだと目で覗いた時には
見たい方に無意識にピントを合わせてしまうので、ピントのズレには気が付かない。
きっちり合わせたい時はカメラが必要。




200m以上ではピントは一致。

スコープでは被写界深度言わないけど、
カメラレンズと同じように近距離では深度が浅い。

おもちゃのテッポウが難しいのは、射撃距離が短いということもあったりする。



アサブロより引越 2020.4.23
  

Posted by C.A.M. at 20:27Comments(0)スコープ

2020年01月14日

F.O.V.

Field Of View = 視界の広さ

望遠鏡の類は、倍率が高いほど視界は狭くなるのが普通なんだと思っていたのですが、
そんな単純なものでもないみたい。


トリジコン ACOGの実物の諸元を見てみると、



TA31 4x32タイプでは

100mの視界11.22m

TA11 3.5x35タイプでは

100mの視界9.91m

3.5倍の方が倍率低いので、視界が広いんだろうと思っていたのに
違いました。

プリズムの大きさの制約なのかな?
本物が狭いってことは、
この前のアイピース実験の組み合わせで良いってことか。


ということは3.5x35のメリットは?
アイリリーフが長い
視野が明るい

ってことなのかな???

これは使ってみないとわからないモノなのかも。


2020.4.29 アサブロより引越  

Posted by C.A.M. at 21:02Comments(0)スコープ