2022年06月07日

りこいるすぷりんぐ

M110はフィクストストックなので、リコイルスプリングが長いです。


JPバージョンのせいなのか、スプリングレートが低い感じで、ボルトの戻りがゆっくりです。
もうちょっと速く戻したらどうなんだろう?

M4、HK416用のスプリングだと10cmほども短いので、
レートの高いものを使ってもプリロード分が弱くなってしまうため、
速くは戻らないようです。


ストライクのハードを使って、HK416のバネを切ったものとでダブルレートなスプリングにしてみました。



とりあえずのハンダづけ。

試運転の感じでは、もたつきはよくなったかな?

けれど、
ボルトストップがかかりにくくなったので、ストップレバーのスプリングも強化して速く動くようにしないといけなそう。。。

追記ーーーーーーーーーーーーーーー
まちがい。ボルトストップのスプリングはレバーを戻す側なので逆でした。
スプリングは弱くする方向。だけど弱くはできにくい。。。
マガジンのフォロアを強くするのも難しいので、現実的じゃないです。

アンビでいろいろぶら下がってるのも動きが遅い原因かも。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ボルトのリバウンドはどうなんだろ?
少し戻っているように見えるけど、オリジナルと比べてどうなったんでしょ?
(もとがどんなだったか覚えてない)

ま、
とりあえず、
ハンダ付けにて テスト用ダブルレートスプリングは作れることがわかりました。

  

Posted by C.A.M. at 21:20Comments(0)こーさく分解マニア

2022年01月25日

M4 マガジン

VFC M4 GBB 2012verいじりのつづきです。


M4用2本とHK416用2本の計4本があるのですが、
どれも2012〜2013頃に購入のものなので今時のは違っているかもしれません。


で、
ブローバックが弱々のと強いのがある。



良く見てみると、放出バルブのピンの出の寸法が違っていて、
長いのが強いよう。

(画像は修正後に撮ったので、みんな同じような長さ調子の良かった強いのとほぼ同じ長さにしてみた。)


やや弱で、たぶん普通ぽいの2本はそれより1mmほど短かったよう。
(2017年頃買った新型HK416の長いタイプはこの普通っぽいのよりすこし強いか同じくらいな感じでした)
もう1本は全然弱くて、使いたくないレベルでした。


分解♪

ネジロックがギタギタになっていて、なかなかとれません。
ドリルチャックなどで挟んで、しっかり回さないと無理です。



バラした後、組み立ててみると、ピンが全然短くなってしまいました。
普通っぽいのより1mmほど短くなってしまいます。
これはもしかすると、
メーカーでの組み立て時に、ネジを最後まで捩じ込まずに長さを合わせているのかもしれません。

で、
ピンの出を長くするようにするにどうする?

まずは、
ストロークを長くする作戦でいきます。

軸部のOリングは6mmほどストロークすると出てきてしまいます。
(純正のネジを最後まで締め込んでいない状態だとOリングが完全に露出してしまいます。ガスが無駄になって あんまりよくないなぁ)

なので、

Oリングを外側に移動。


これだと、バルブリフト量はバネが詰むまで9mmほど動きます。

でも、
なんか戻りが遅いと言うか?
バネが絡む??

強いはまぁまぁ強いんだけど
いまいちな感じ。
フルオートが不安定な気もするし。
で、
ボツ。



次は、
バルブリフト量はそのままに
ピンの出だけを変える作戦。



純正とほとんど同じで、ピンのところだけ2.2mmほど長く作りました。
ハンマーコッキング時にファイアリングピンとの隙間がほとんどないくらいの長さです。



つまりマガジン放出バルブの全長が長くなります。

ちなみに、後ろの段のところでバルブリフト量が5.5mmに規制されます。





これは良いみたいです。
バルブリフト量を大きくしても、ガスの通り量はあんまり変わらないように思います。
なので、
ピンを長くして早く押されるようにしたってかんじかな。  ← 妄想です。




おまけの1

ガス漏れ修理

ネジのまわりのパッキンゴムがやぶれてくるので、ニトフロンテープを貼ってシールがわりにしました。
ネジにシールテープを巻いてもいいみたいです。


おまけの2

補修Oリング

バルブ先端のP-3リングは、脱脂して組んだ方がいいみたいです。
シリコングリス塗って組んだら、撃ってるうちに外れてしまいました。







  

2022年01月20日

M4 バレルベース❌

VFC M4 も いじり。

純正部品を海外通販で買ったので、
アップデートラッシュです。





うちのは2012年ほどに購入のものなので、

2021年型チャンバーを導入。



ダイカスト部品の作りが良くなってる。
がたつきもなくイイ感じ。
インナーバレルの窓と位置決め部の追加工で付きました。



今時のガスブロ用パッキンが使えるようになったので、選び放題。
今回は宮川MIYA-BONv2 Si50を。

で、
撃ってみたのが一番上の画像。
@7mと超近距離ですが、まぁまぁイイ感じ。


ところが、
翌日は

右にずれた。
7.5mで25mmほど。
1/300 = 3.3MIL。

銃身が右向いた。

よくよく思い出してみると、
そう、
アウターバレルのベース部品を あんまり使ってなかった新品ぽいのに変えたから。
上の画像の銀色のは、修正加工していたのでした。




外見に左右で違ってます。






旋盤にセットしてピックテストで測ってみたら、

内径、外径とも0.2~0.3mmほど振れてます。
また取り付け面のツバも傾いています。
φ25程に対して0.06〜0.07mmの傾きなので、
1/350〜400となって、ほぼ撃った結果と合致します。




ショップの画像のも外見の左右差がうちの不良と同じみたい。
よくないですね。

だいぶ前に購入したモノなので、今のはどうなのかわかりませんが。



5発だけ、まじめに撃ってみる。

集弾性はイイ感じ。



つづく

  

Posted by C.A.M. at 22:34Comments(0)分解マニアVFC M4A1 GBB

2022年01月03日

M110 ボルト軽量化

VFC M110 SASS GBBRいじりのつづきです。


どーもこの銃、
ブローバックのボルト後退は元気がいいのですけど、
日本向けバージョンのリコイルスプリングが弱すぎるせいなのか、
ボルトの戻り(前進閉鎖)が遅くて重ったるいです。

なので、
ボルト&バッファーを軽量化してみます。


まずはバッファー。

分解。



どーもバッファスプリングのストロークが有効に使われていないような。。。


重量は150g。


この後ろの鉄部品が重くて75gあります。


旋盤で追加工。
中心は通し穴にしてパイプ化。

外径もいらないところは削る。



35gと半分以下になりました。


バッファ全体では110gになりました。
40g減です。



バッファースプリングのセッティングを
もとはプリロード3mm、ストローク4mmとなっていたのを
プリロード0mm、ストローク8mmとしました。

ところが、
撃ってみた感じ、
ボルトの戻りは シャキッとしましたが、
ボルトキャッチがかかりにくくなりました。

後端に突き当たってから前進し、キャッチのところまでの距離が短く
5mm以下しかないため
バッファスプリングが伸びるストローク中になってる?


鉄部品の後端を3mm落として、
ボルトのフルストローク量を増して
バッファスプリングが伸びきってからキャッチに当たる感じにしてみたところ、
キャッチのかかりは良くなったと思います。


ノーマルでは、プリロードをかけておくことで、後端に衝突した時のショックを演出しているのかな?
改造後は当たりがマイルドになった感じ。




つづいて
ボルト。

重量は318g。
材質はたぶん亜鉛。

追記ーーーーーー
SR25mk11のはアルミ製で263gと軽量らしい。
ーーーーーーーー

内側の穴を広げようと思いましたが、
下側に溝があり、切れてしまいそうなので、

外側を落としました。
ちょっとかっこ悪いけど。。。


下側のハンマのためのスリット穴は、
セミオートモデルっぽく後ろまで長くして
フルオートシアが使えないような形としました。


ここいらのネジもガチガチに接着されていて、
分解してるんだか、ぶっ壊してるんだかで、
修復するに時間がかかりました。



重量は285g、33g減。

追記ーーーーーーーー
今思うに、後端は残して、ハンマースリットのとこだけ中グリした方が見栄えが良かったかも。
ーーーーーーーーーー

ブローバック移動重量分はトータルで、468g → 395g
73gの軽量化となりました。
(厳密にはバネの重量の1/3だかも含まれるんですが…)


ボルトが閉鎖する時のドッシン感は無くなりましたが、
たいぶとシャキシャキ動く感じにはなりました。
もうちょっと速く閉じてくれてもいいように思うけど。。。



で、
今日も5発だけきちんと狙って撃ってみましたが、

やっぱり良いみたいです。


ま、
超至近距離ではありますが。。。


んなわけで、
お正月は旋盤三昧でしたとさ。



  

Posted by C.A.M. at 21:12Comments(0)こーさく分解マニア

2022年01月02日

M110 ホップレバー

VFC M110いじりの続きです。


スナイパーライフルっぽいグリップにしたかったんだけど、
隙間があく。。。

ロアレシーバーのラインがM4やHK416よりも細身のようで。

太いグリップにするとトリガが遠くなって指先引きしやすくなるかと思ったんだけど残念。




ホップレバーはステンの板金モノ。

軸も金属なので、部品の剛性的には良さそう。


ただ、
ここが問題。

ホップが弱い時に、レバーが出っ張る。



ボルトが前進してきた時のノズル部との関係。
このまま閉鎖位置まで前進すると、
ホップレバーとノズル部が干渉して、
ホップレバーが押し下げられて、
ホップが強くなります。


***
逆動作(=ボルトを引いた時にホップ突起が大きく出て、ボルト閉鎖でホップ調整位置へ戻る)だったら、
ホップ弱い時の玉ポロ防止機能かな?とか思いましたけど、
これはホップ弱目で撃ち出すことができない動作なので
どういう意図があるんでしょう???
***



なんだかよくわからないので、

とりあえずは ノズル側を削ってレバーが当たらないようにしてました。

ホップが弱い時だけの話なので、
遠距離用、重量弾用の強ホップ設定中では起きません。


つづく

  

Posted by C.A.M. at 12:17Comments(0)こーさく分解マニア

2021年12月31日

M110 2ステージトリガ

久しぶりのVFC M110 SASSいじりです。

この銃買った時から、
2ステージトリガにしたくて、
作ろうかと思って、
いろいろ調べてました。



作るとなると
いろいろ大変なので後回しになっていましたが、

発売されたので、購入。


M4やHK416ではないせいなのかもしれませんが、
いろいろアレレなところがあり、、、

けっこう高価なモノなのに。。。



トリガガードにトリガ先端が擦れる。。。



ハンマのストライカを押すところの角度がちがう?

と思いましたが、
ストライカ押すところを合わせてみると、


M110ノーマルでは、ハンマーが落ちた時の角度は立っていますが、

HK416で確認してみたところ

この2ステージ用のハンマーは落ちたところの角度はあまり立たずに寝ています。
これはボルトが下がる時の抵抗を小さくして作動性を向上させようという試みかな?
リアルさよりも動作を優先させた?ようなので、
この辺りはこれに従うことにしました。



2ステージ目に入る時、

本来はハンマがディスコネクタを押す形となるはずが、
セレクタがディスコネクタを押しているような感じがある???
微妙なところなので、調整によってはそうなる感じがする。

うちのはセミオンリーなので、
ディスコネクタの後ろ側のセレクタに触るところは
いさぎよく切除。



トリガは先端を0.5mmほど削りました。
また、ディスコネクタとシアの中空軸がガタガタだったので、φ5.3で作り直し。
精密なトリガーフィールのためにはここのガタはよろしくないはず。
もとは穴がφ5.3に対し軸がφ5.0でした。


ハンマーはスラストのガタ調整用にリングシムが付いてきましたが、
そこじゃない。
ハンマの穴φ5.8とのはめあい、つまりラジアルがガタガタ。

ハンマーの両脇にささるカラー(なんていう名前か知りません)自体を
スラスト寸法を現物合わせにて作り直し。
ちなみに元のは凸部φ5.5だったので0.3mmのガタでした。
軸がガタガタではシアとのかみ合いも安定しないはず。

なお、このカラーはピン抜けどめのCリングの角度位置を難しくするのでいやらしいです。
ハンマ内の平面を少し落として、Cリングを自由にした方がいいです。(言葉で説明できない。。。)


ハンマも
セミオンリーの方がかっこよく見えたのと、     ← 妄想です。
ハンマダウンでもセレクタがセーフへ回せるので、

フル用しっぽをカットして、Tigで盛り盛り。
ピン穴の下側にもTig盛り盛り。

もともと付いていたトゲみたいなのは、
多分ストライカを押しすぎないようにするためのもの。

追記ーーーーーーーーーーーーー
M4いじってて思い出しました。
ハンマーがボルトやローディングノズルスプリングホルダの頭を叩くと
いろいろ壊れるんでした。
で、ボルト側に当たらなくしているのではないかな。
ーーーーーーーーーーーーーーー


トゲのあたりの径を大きくして、トリガの戻り量を小さくして、
セレクタがセーフへ回らないようにブロック。

ハンマダウンの時セーフにいれられると、
ボルトを引いた時にハンマーがトリガのシアにぶつかりボルトは途中でつっかえります。
もし無理矢理引いたりするとハンマやシアが折れたりするかもしれません。  ← 妄想です。

シアの上側△部、トリガを引いていない時のコッキングがきつかったので、少し小さくしました。



トリガを引いていくと、
1ステージ目のディスコネクタに当たるまではリターンスプリングのみの反力なので、軽いです。
2ステージ目はシアとディスコネクタでハンマをつかむような形となります。
このあとディスコネクタのスプリング反力が加わるためにトリガは重くなります。
この重くなる位置でトリガをためて、撃つ時には少し絞ればすぐにハンマが落ちます。
重くなってからは、ストロークを感じさせないうちに落ちるように調整するといいみたいです。

この調整が、イモネジの回転角5°くらいな感じなので、けっこう面倒です。

うちに来たものは、
そのまま使えるなんてモノはほとんど無くて、
すぐにバラバラのぼろぼろになってしまいます。
といってもベースがないことにはスタートできないので、パーツとして出してもらえるのはありがたいです。
イチから作るのはとっても大変ですからね。


できました♪


  

Posted by C.A.M. at 18:52Comments(0)こーさく分解マニア

2021年08月28日

ピストンの計算の1.3 つり合い(VSR10版)

ワールドスタンダードなエアコッキングエアソフトガン VSR10 Gスペックを
分解してピストンの計算をやり直しました。

今後、バレル内の計算はVSR10 Gスペックを使って進めます。

前回と同じように
ノズル先端を指でふさぎ、
ピストンをゆっくりもどしてやると

45mmほど戻ったところでつりあいました。
が、
すこしばかりOリングからのエア漏れがあるようで5秒で1mmほど動いていきます。




ピストン前進端位置。



コッキング位置。


この時、
シリンダーのスリット前端からOリング溝の中央あたりまでが約12mm。
これが、加速ポートの寸法となるはずです。



スプリングの寸法を測りバネレートを計算。
バネ自由長の状態でピストン前面がシリンダから1mm飛び出していて、
シリンダヘッドのねじ込み量が9mmなので、
バネのプリロードは10mmとなっているはずです。

バネの自由長は199mmなので、
ピストンが前進端位置の時のたわみは10mmで、バネ長は189mm。

ピストンがコッキング位置の時、ストロークは95mmなので、
たわみが105mm、バネ長は94mm。


ついでにピストンの寸法を測っておきます。
シリンダ内径はφ22.6らしい。
ARESのSUSシリンダの方と同じ。

Oリング溝はやっぱり深くてガバガバ。



ピストンOリングは、たぶんP-18なんだろう。






ケーサン

バネレート

ハカリで引っ張った結果ともほぼ一致。







ノズルを塞いだ時のピストンの釣り合い位置の計算は
46mm戻ったあたり(グラフ値では49mm位置)になりました。
また1mmほど合いません。
圧がかかってOリングがシリンダ内面に押し付けられて摩擦力が高くなる???とか
よくピストンの頭にリング溝まで穴が開けられているのがありますが、
あれもガバガバな溝の中のOリングに圧をかけるためなのでしょう。  ←妄想です。

(前に進む時にはOリングはシリンダとの摩擦で、溝の後ろの壁に張り付く)

けどまぁ、だいたいはオッケーかと。





うちのシリンダ、ハズレだったようで、

溝の前側アールのところに大きなバリが出ていました。
まだ数十発しか撃っていないのにピストンがボロボロ。。。。



  

2020年07月13日

TX system の2

問題点その2
コッキングが非常に重いです。

ノーマルよりずっとずっと重いです。
ガスのエナジーを借りて、ラクしようと思っていたのに、
それ以上の力仕事が必要なんて、
まったく意味がないです。
(日本の法規に合わせたために そーゆーことになってます。)

なので、
とりあえずメインスプリングをずっと柔らかい汎用バネに交換。

コッキング力を測ってみたところもとは7〜8キロからだったのが2〜3キロにまで軽くなりました。


バネって、
切ったら柔らかくなる、と思いがちですが
バネレートは、巻数が減ると高くなります。

実際、初速を落とすためバネを切るということをやりますが、
これはプリロードが減る=バネのコッキング時のたわみ量が減る影響の方が高いからです。

なんか、このノリで"長さ半分のバネにしちゃった"かのようなシナモノ??


参考 バネの計算






ちなみにコッキングストロークは40mmほどです。




これで軽くはなりましたが、
まだ いろいろとうまくないです。



たとえば、
ゆっくりペースでも、冷えのせいか 初速がかなり下がっていきます。


安全を保ったまま、安定した性能とするためにいろいろ勉強しないといけません。

ま、最悪うまくいかなくても、
シリンダのガワだけを スプリング式に使おうと思っています。
ノーマルのシリンダはアルミで頼りないので。。。

  

Posted by C.A.M. at 12:23Comments(0)分解マニア

2020年07月09日

TX system

CO2コンバージョンボルト


分解♪

普通のエアコッキングのボルトと構成的には同じ。
ピストンに相当する部分がボンベケースに。

ノズルキャッップのところにマイナスネジがあり、
回すことで

ここの隙間が変わって、ガスの放出量を調整可。



左から ボンベケースのリアキャップ、ボルトシリンダ先端ノズルキャップ、ボンベケースの先端(ガスバルブ)。



ボンベケースの先端分解。



この黒いガスバルブがノズルキャップの後側に衝突して、ガス通り道が開き、ガス放出される。

ノーマル状態での
問題点1
ガス放出量過多……ノズルキャップのネジで調整可能。ほぼ解決。

合法のもと いじれそうなことがわかったので、よかった。
素材としてはおもしろいです。


問題点2
つづく。。。

  

Posted by C.A.M. at 13:33Comments(0)分解マニア

2020年06月07日

弾速計の使い方 の4 こぴぺ

その3でハッキングがうまくいったので、

玉を もう2箇所センシングするための

ブレッドボード実験。



いちお、動くんだけど、センシング範囲が狭いようで。。。うまくない。。。
動作も不安定な感じ。


もう一度オリジナルを観察。



センサー周りの回路全部を読み取り。
ここまで朝から晩まで まるまる1日もがき苦しんだけど
なにひとつできてない。。。気が滅入る。。。。。





一晩寝て起きたら、
けっこう頭の中が整理されました。

昨日ダメだったところは、
コンパレータの閾値があいまい。
コンパレータ出力にプルアップが必要なのに知らなくて動かず、オペアンプを代わりに使用。
センサー出力のところ、直列コンデンサとプルダウン抵抗でハイパスフィルターになってるんだ。

ここがわかったので、
なにをどうしたらいいのかがはっきりしました。


ちなみに手持ちの照度センサがたくさんあったので、これで代用してます。
可視光用でピークが560nmとのことなので、緑のLEDを照射。


ブレッドボードばかりだと、どーも物作ってる感が無くて不満なので、
行き当たりばったりで基板製作。

センサー部だけのつもりが、


いきおいついて

ほとんど フルコピー。
コンパレータ出力のとこまで できました♪


可視光用なので、LEDスタンドの下でも動作しました。

コンパレータのスレッショルド電圧を可変にしたので、
検出範囲は結構広くできてるみたいです。

センサーから離れた かなり上の方でも拾えるみたいです。



BB弾の影のパルス幅が広いようなので、
これはスリットとかメカの方でなんとかしようと思います。



つづく