2021年09月15日

玉の選別の2 G&Gバイオ0.28g ふるい

前回の その1では選別は失敗に終わっています。

今回は、
G&G バイオ 0.28g。
これも、開封後二夏経過。

外径をφ5.94〜5.96で選別したところ、不良はほとんど無し。
けど、感覚的にはPMよりも一個一個の真円度は良くなさそうな。。。 ← 妄想です。

重量も0.277〜0.279gの表示がほとんど。
平均は0.278g。


別の30発をケンサしてみて、
ハネダシは7粒。
実際は、撃つと3割くらいばらつく感じがするので、もっと厳しくしないといけない気がする。。。


と、
この辺までは、その1のPMバイオ0.28gと並行して進めていたので、
PMバイオを撃ってみた時点で、この選別もダメっぽいなと。。。



。。


。。。


新ヘーキ導入。

ふるい式選別器。アルミ製。


ちょっと面取りのあたりの通りがビミョーな気がしたので

φ6リーマ先端のテーパーのとこを使ってバリ?とりし、

追記ーーーーーーーーーーー
商品説明をよく見てみたところ、表裏があるそうなので、
ビミョーに感じたところが正規の寸法だったところなのかもしれません。

いらんことしてしまったみたいです。
すいませんです。
ーーーーーーーーーーーーーー

スコッチブライトで修正仕上げ。
うちに来たものは、新品でも、すぐにぼろぼろになってしまいます。。。

最初、手でやってたけど、穴がたくさんなので、タイヘン。
リュータのフェルトに巻いたら楽でした。
下手にやって、穴が広がってしまっては元も子もないけど、
1/100落とすのにどのくらいの手加減が必要かを知っていればなんとかなるかと。。。




φ5.96の穴にφ5.96の玉って、ハメアイで言ったらゼロなので、
たぶん、通りそうで通らない。自重では落ちない感じ?

でも、それは真円の場合であって、
BB弾では、製造上の都合で、凸な部分がありがちなようです。

ダイヤルゲージで測ってφ5.95の玉が フルイのφ5.96の穴を通らないことが多々あります。
ダイヤルゲージでは、直径のうちのほんの一点を測っているだけなので。
本当だったら角度を変えて何回も測らないといけないわけです。
フルイだと少なくとも一つの円周面の凸を検出できるのかな?


通らなかったものを穴にはめたまま、ぐりぐり回してみると、
たしかに、ごりごりひっかかるところが感じ取れます。

黒くなったところが凸だったところだと思います。


その辺をふまえて、

フルイでφ5.94〜5.96とφ5.96〜5.98の2グループに分け、
その後、ハカリで、0.277〜0.280gを良品、それ以外をハネダシとしてみました。

フルイ選別の際、φ5.94の穴を通ったものは一つもありませんでした。
(PMバイオ0.28gは数粒通るものがありました。)
φ5.98を通らなかったものは多少あったので、捨てました。

選別弾は、外径が大のものと小のものの2種類となりました。



試し撃ち。

@7.5m A4紙。



1.マルイの0.28g無選別
2.ハネダシ


3.選別弾 外径小
4.選別弾 外径大

撃ってる時は外径大の選別弾がいいみたいに思えましたが、
結果で見ると、あんまりかわりばえしないかな?

ただ、初速のばらつきはよくなっています。
標準偏差でみると 無選別0.26 → 選別0.18〜0.19


外径大と小ではホップのかかりに差が出たようで、
外径が大きい方がホップアップ量が大きくなっているようです。

VSRでいうと
ホップレバーの押し量が20目盛で0.5mmほど変化しているようなので、
1目盛あたり0.025mm。
外径が0.02mm違っていれば、1目盛変えたのと同程度とみることができます。

外径の大きさは初速の差にも出ている感じもします。
今回のでは0.2m/secの差があります。

また、
外径は真円ではなく、凸があるような形なため、
同じ形状の玉だったとしても、
チャンバー内で、その凸部がホップパッキン有効範囲に来たか来ないかで、
外径の差と同じくらい影響があるものと思います。
凸の位置がどこに来るかで玉が向かう方向が決まってしまい、
それはケッコー大きなことなのではないかな。。。。

玉と関係ないですが、
今回のは、着弾位置が高いです。
たぶん銃身が上へ向いてる。

どーもこの銃、
分解組み立てするたび銃身があっちこっちになるみたいで、
ボルトの戻りやピストンのシアかかりなんかも悪くなったり。
ネジを強く締めるとダメな感じも。
チャンバー組み立ても、ストック付けるのも難しい。。。
マガジンなんかバラすとタイヘン。


集弾性をみるには、まだいろいろ修行が足りてないようで。。。

  

Posted by C.A.M. at 07:20Comments(0)BB弾VSR10集弾

2021年09月08日

玉の選別の1 PMバイオ0.28g

VSRのインナーバレルの内径は

情報どおり、φ6.08と測ることができました。  ← 内径測定は苦手


本題

BB弾は公称値どおりにはできていないようなので、
いくらかを測った後に、選別する値を自分で決めないといけないようです。


まずは、プレシジョンマックス バイオ0.28g
開封後、2夏越してしまったので、鮮度が悪くなってるかもしれません。

平均重量は0.277gほどで、公称値よりも軽めなようです。
外径が小さめなためなのかもしれません。

φ5.93〜5.95の範囲におさまっていて、φ5.94のが多い感じでした。
φ5.95以上のものはほとんどなかったようです。

φ5.925
たまにこんなのが混じってる。

この測定では、球体の1箇所の直径のみしか測れないので、
ホントーだったら位置を変えて、何度も測らなくていけませんが、
それは酷なので、凸を見逃している可能性は高いです。
なので、大きめの数字が出た時は迷わずボツです。


重量は、

ほとんどが0.276〜0.278gの表示でした。
このハカリの1/1000gのケタはちょっと微妙で、何度か測ると同じ値にはなりません。

なので、一発勝負で決断します。

ちなみに、0.279gと出たものの外径をもう一度測ってみたら、ほとんどがφ5.95と大きい側の寸法でした。


選別はφ5.94〜5.95、0.276〜0.278gをOKとして、
φ5.94以下は捨て、0.275gと0.279gはハネダシとしました。
0.281gとか0.273gとかいうのもたまに出るので捨てです。



オタメシ撃ち



なんということでしょう!
選別弾の方がばらつきが大きく、ハネダシの方がユウシュウ。。。。
というか、フライヤらしき玉は選別の方に紛れ込んだ模様。

これは選別の判定値をミスっているようです。
選別弾でもう一回やってみましたが、やっぱりフライヤが混じってる。


ハネダシのX右下方向に3発まとまってますが、もしかすると
重めの0.279g φ5.95という玉が優秀な玉でこれだったりして。。。

う〜ん、
とすると軽い玉の側に不良があるのかな???





銃自体の精度?ということも考えられたので、
現状では一番良さそうなBLSバイオ0.43g選別を使ってみたところ、

フライヤっぽいものは出なかったから、こんなくらい?

でもフライヤの出る原因が銃と玉の相性ということも考えられるので、
厄介ですね。。。

銃の精度を見ているのか、玉の精度を検証しているのか、なんだかわからなくなってます。。。





  

Posted by C.A.M. at 21:41Comments(0)BB弾VSR10集弾

2021年09月07日

ホップと初速(VSR版) の2 玉の重さと初速最大位置

VSR測定のつづきです。


Gスペックのマズルキャップはホットボンドのようなもので固められているようで、
けっこう温めないと緩みませんでした。
(うちのヒートガンでは無理みたいで、バーナー使いました)
ネジは普通の右ネジなので反時計回りに回せば緩みます。
冷えてくるとまた回らなくなるので、厄介でした。

アウターバレルがボロボロに。。。face07


本題です。


ホップの強さを変えて初速を見たところ、
0.20gの玉ではホップ最強が最も高い初速となりました。
ところが、
0.28gでは10〜12クリックあたりが最も高い初速でした。

なので、
初速が最も高くなるホップ強度は 玉の重さによって変わるのでは?
と思いました。




ジッケン


まずは、
軽い方0.15g。




0.20gの時と同じ感じで、ホップを強めた方が初速が高くなる傾向です。


続いて、
重い側、0.40g




こちらは、ホップが強いほど初速が下がる傾向がはっきりしました。





バレル内の計算で正確にシミュレーションできれば良いんだけど。
うちのはどーも間違ってる。。。。



  

2021年09月02日

玉の重さ

BB弾の重さ測定 メモ書き。

ノートとかに書いておいても、
すぐどっかいっちゃうので
ブログにしておくのが一番よく見つけられるよう。


10発の重量を測り、平均。


アクリビス バイオ 0.15g

実測 0.152g


G&G プラ 0.20g

実測 0.200g


G&G プラ 0.25g

実測 0.253g ← やや重め


プレシジョンマックス バイオ 0.25g

実測 0.251g


G&G プラ 0.28g

実測 0.279g


G&G バイオ 0.28g

実測 0.278g


プレシジョンマックス バイオ 0.28g

実測 0.277g ← やや軽め


BLS プレシジョン プラ 0.30g

実測 0.300g


BLS プレシジョン プラ 0.32g

実測 0.324g ← やや重め


BLS アルチメイトヘビー プラ 0.36g

実測 0.362g


BLS アルチメイトヘビー プラ 0.40g

実測 0.400g


BLS アルチメイトヘビー バイオ 0.43g

実測 0.439g ← かなり重め


BLS アルチメイトヘビー プラ 0.48g

実測 0.481g



公称値とは結構ずれているものもあったりするので注意が必要です。



実験するには、いろいろ要りようになって、
なにかとお金がかかります。




  

Posted by C.A.M. at 22:05Comments(0)BB弾バレル内の計算

2021年08月30日

玉の重さと初速 (VSR編)

VSRのデータを 今までのマイナー銃と同様の方法にて採っていきます。

ホップは6クリック(抜き弾抵抗 約60gf)にして、
BB弾の重量を変えて、初速を測ってみます。




初速のばらつきは小さいようなので、
各重さで5発づつの平均としました。



エネルギーを見てみると、

(玉の重さを公称値から実測値に修正したので、グラフ上の位置が初速のと少し違ってます。)
0.36gあたりにピークがあるようです。

シリンダとバネやバレル長その他のセッティングでこのような特性として、
自分ちで売ってない重量弾を使っても初速エネルギーがオーバーすることがないようにしているんだと思う。
さすが日本のモノツクリ。

以前採ったares M40A6のデータでは、
0.48gまで重くしてもまだエネルギー上昇中のようだったので、
グラフにしてみると

0.43gあたりにピークがあるようです。
0.48gより重い玉は持ってないのでこの先はわかりませんが。

これはこれで重量弾用には良いセッティングなようです。

このデータは、たしか内径の小さなインナーバレルを試していた時のものなので、
ギリギリだったようです。
即刻、ノーマルのインナーバレルに戻して、現在は余裕を持たせてあります。

軽い玉でオッケーでも、重い玉だとアウトということもあるので、注意が必要です。


ついでにVFC M40A3では、

これは、軽量弾向けってことなのかな?
メジャーな0.2〜0.3gあたりを使った時にエネルギーがほぼ一定ということを狙ってる?
(これ購入は2014年頃の最初期ロットなので、まだ重いbb弾って出てなかったのかも?)
これはバレルが長めでスプリングが弱めなので、
上の2つとはセッティングが違ってくるのでしょう。

素のVSR(Gスペックじゃないやつ)はこれに近いんじゃないかと予想。。。
データ採りは、誰かよろしく。



これらはホップが弱い時のデータなので、
ホップが強い時のデータも見てみないといけないような。。。。


追記 (08/30)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ares M40A6のデータが不適切であったので、
本日の仕様にてデータを採りなおしました。
前回との違いはインナーバレルの内径です。
前回..raven6.01+ φ6.02
今回..ノーマル   φ6.06
他にスラストベアリングとか入れてスプリングのプリロードが上がっていたかもしれません。← 記録なし








前回のタイトバレルの時と違って、エネルギーの変化度合いが少なくなっているように見えます。
ピークも、わかりにくくなり、0.25g〜0.40gまでほぼ一定な感じ。
0.43gの玉はどういうわけか初速、エネルギーとも低くなっています。
外径が小さめにできているのかも。。。

バレルの内径によってエネルギーの変化度合いが変わるとなると、これは結構難しいことになっているのかもしれません。

あと、BB弾の公称値はあてにならないようなので、測定が必要そうです。




  

Posted by C.A.M. at 10:39Comments(0)BB弾ARES M40A6バレル内の計算VSR10

2021年08月09日

玉の重さと初速 と バネとバレル内の計算

バレル内の計算がうまくいかないので、
データ採り。

まずは銃の諸元の測定
一番の要素はメインスプリング

スプリングの線径他を測定し、バネレートを計算。
確認として、コッキング時の引張力をハカリで計測します。
引きの時は大きく出るようで、
引き切った位置からコッキング位置までゆっくり戻す時の値が計算値に近いよう。

追記ーーーーーーーーーーーー
たぶん摩擦力の影響。
引くときはバネ力プラス摩擦力、
戻すときはバネ力マイナス摩擦力、
なんではないかな?
ーーーーーーーーーーーーーー


同じM40でも、VFCとaresではバネレートが結構ちがいます。





玉の重さをいろいろに変えて
初速を測定しました。


aresのM40A6は給弾レールに28発ほどの玉が残ってしまうため、
玉種のヘンコーは大変です。
なので、銃を逆さにして、



各三発ずつを手詰め。



ボルトをコッキングしたら、銃を前のめりにして、チャンバーへと玉をころがします。


初速データは、タマモニでSDカードへ記録。



ケッカハッピョー


0.15gではどちらも同じくらいの初速ですが、
玉が重くなるにつれVFC M40A3の初速(初速エネルギ)の低下が目立ちます。

逆に、ares M40A6では玉が重くなると初速エネルギは高くなっていくみたい。
初速だけ見ていた時には気が付きませんでしたが、エネルギー計算してみたら0.36g以上はアウトです。
(うっかりしてましたが1Jまでokではなくて0.98Jまででしたね。)

もしも、0.50gとか0.88gとかいう玉が売っていたら
どうなっちゃうんでしょうね?????


(これは銃口初速なので、規制値の銃口後1mでの値には少し余裕があるはずです。
弾道計算によると0.48gBBで0.995J@0mは、0.966J@1.0mくらいのようです。
ぎりぎりセーフだったということでお願いします。
この後、即分解し初速を低くしました。→ インナーバレルをノーマルへ交換)


んで、
バレル内の計算なんですが、
どーにも、計算値の初速が高くなり過ぎてしまいます。
実測の2割以上は高い感じです。



なので、
とりあえず、苦肉の策として
”バネの仕事の効率”なる係数を準備しまして(赤枠のところ)、
実測値に近づくように調整してみたところ、
効率70%という値を採用してみました。




現実世界、機械要素の中では
バネのエネルギーを、100%玉のエネルギーに利用できるわけはないはずなので。。。。。。
(熱として逃げる分が結構大きい気がする?)

機械の設計では
チェーンの伝達効率90%、ギアの伝達効率80%とかだったはずですから、
そんなイメージで。 ← 妄想です。


追記ーーーーーーーーーーーーーー
このバネ仕事の効率なる係数を入れてしまうと、弱いバネを使ったのと同じことになり、
運動の速度全体が遅く計算されるようになってしまって、
玉が飛び出すタイミングまで遅くなってしまいました。
銃に付けた加速度計の数値でタイミングを確かめてみたら良いかも。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー



で、
そのバネ仕事の効率η=0.70での計算値は、
ケッカハッピョーの表にも書いてありますが、
M40A3では0.20gの時、
M40A6では0.28gの時に誤差が一番小さくなっていて、
そこから離れるほどに誤差も大きくなっていくので、
なにか速度とか玉の重さに関するパラメータのオチがあるのかも?
と思いました。

空気抵抗力とか粘性抵抗力とかは、
玉を動かす力と比べるとかなり小さいので、
もっと大きな柱を見落としている可能性が高いような気がしますです。

とか言っておいて、
ただの計算間違いかもしれません。。。。。


大きくは、バネの強さとバレルの長さの組み合わせ、
他に加速ポート、ピストンの重量、
これらのバランスによって、初速エネルギの変化度合いが変わってくるので、
バレル内の計算で正確にシミュレーションできると
工作の手間を減らせるんですけどねぇ。
こーさく と けーさん
どっちがメンドーなんだろ。 ← 妄想です。



  

Posted by C.A.M. at 21:41Comments(0)BB弾ARES M40A6バレル内の計算

2021年01月18日

くーきてーこー @さむいとき

雪でクルマ遊びに出れないので、
おうちで てっぽーいじり。


久しぶりの測定。


重い玉はドロップ量が大きいので、照準を上に。



玉の重さと 空気密度?に 負けて初速がずいぶん低いことに。。。
(これは0.43g)


きちんと狙って撃った。
(けど、スコープのフォーカスがもうちょっと近距離側に足りなくて視差が出るので、左右にバラける?)

一番まとまった0.40gでこんなもん。

ほぼ水平(なんだけど厳密には2MIL※1上向きだった)に撃って、ドロップ量は130mmほど。
ホップ調整は0.25gの玉でちょうどいいくらいなので弱め。(タマコロ棒で抜き弾抵抗60gfくらい)

スコープは実験のため、銃身と平行にセット(のつもり)してるので、
照準からは、スコープと銃身のオフセット分56mmとドロップ分の合計で、
186mmほど下に着弾していることになります。

玉の重さも公称は0.40gだけど測ってみると0.41gちょっとあるようで。。。
じつは、いろんなところがシビアに見るとなるとメンドー。


玉ごとの集計表。



まだ空気抵抗係数を探る実験となっています。
寒い時は空気密度が大きくなって空気抵抗力が大きくなりますが、
計算中に空気密度のパラメータは入っているので、
空気抵抗修正係数の実験に影響は出ません。
というか影響するようではシミュレーションになりませんね。

夏の30℃でも冬の5℃でも
空気抵抗修正係数はほぼ1.00付近になっていますが、

今回、重い玉を使ったところ、
重い玉で修正係数が大きく、軽い玉で修正係数がちいさく出るような傾向がはっきりしました。

これは玉の重さというより、玉の速度によるんじゃないかな? ←妄想です。

だとすると、
以前変更した空気抵抗係数のフィッティング式から求まる値

これによると速度が遅いほど空気抵抗係数が小さくなってる感じですけど、
これを0.48くらいの一定値にしたら、良かったりしそうですねぇ。


補※1 2MILは2/1000。 10mで20mmの角度。 約0.11度。

  

Posted by C.A.M. at 11:02Comments(0)弾道計算BB弾

2020年06月16日

弾速計の使い方 の6 そくてー1のかいせき

まだいろいろ問題点が残っていますが、
せっかく測定したその1のデータを見て、傾向をつかんでおきたいと思います。

測定値11点を平均しました。

これより、
初速 81.47m/s
終速 66.23m/s @7.3m
着弾時間 97.9msec
(平均速度 74.6m/s)
となりました。


この初速 81.47m/sをもとに弾道計算すると

終速は 67.63m/s
着弾時間は 97.5msecと
実験値よりも速度の落ちが小さく
着弾時間も早く計算されています。
(ここでは、センサーの細かい位置関係はとりあえず無視しています)

弾道計算では、
速度が落ちる要因は空気抵抗力によるものしかないので、

空気抵抗係数修正係数なるものをたてて、
空気抵抗力を1割増しにしてみます。

弾道計算では、
真球での空気抵抗係数を使っていますが、
BB弾はけっこうデコボコなので抵抗が大きいんかも。


結構数値がビミョーになってきたのでセンサー位置、速度測定の概略位置修正など多少細かな修正を入れました。
銃口初速も初速弾速計の測定位置で測定値と一致するように多少大きい値にて弾道計算しています。



この結果を見ると、
計算着弾時間が測定した時間よりも長くなっているのに、
終速は測定値よりもまだ高いです。

終速を合わせようとすると修正係数はもっと大きくなり、着弾時間ももっと長くなってしまいます。
これはおかしい????




考えられるのは、
速度の絶対値が怪しい点。

時間の計測はマイコンのクロックによるので、けっこう正しいはずです。
でも、時間を測るためのセンサーが BB弾を検出するタイミングは、光の広がりや反射具合で結構ばらつく可能性があります。
センサ間の距離を時間で割って速度を求めていますが、
その検出のタイミングがずれるということは距離が変わるということなので、速度もずれてしまいます。



なので、
着弾時間を一致させる感じで合わせていった方が良さそうです。


修正係数1.1した時の弾道計算パラメータと軌跡

ホップの影響を小さくするため弱めにしているためドロップ量が大きいです。



で、
一番最初に戻って。

測定値を平均しましたけれど、
個々のデータで見てみると

初速と終速の関係がばらついているみたいです。
終速測定センサー側の精度が低いみたいです。

(着弾時間も同じセンサーで測っているわけですが、これは速度用のセンサー間隔よりも100倍ほど距離が長いため誤差が小さくなっています。
そのため、着弾時間と初速は関連が正しく出ているようです。 初速高=着弾時間短)

これは測定可能面積を広くしたために
センサーがBB弾を検出するタイミングも広くなってしまっているようです。
要改善!


ということで、そくてー〜かいせきの1はデータとしては無効です。
実験の練習にはなりましたけど。


つづく
  

Posted by C.A.M. at 20:55Comments(0)弾道計算BB弾

2020年06月14日

弾速計の使い方 の5 そくてーの1

使えるくらいにはできたので、


練習&調整
7.5mの距離は手が届きそうなほど近いと思っていたけれど、
電線引いてくと けっこう遠くて、つぎはぎだらけとなりました。

コッキングは疲れるのでセミオートで。

マト側の測定範囲は 8cm x 9cmくらいあるので、外すということはほとんどないかな。

けどセンサーが拾わない時がちょっとある。
ま、いちお 測れそうではある。

v0が初速、
veが終速、
timeが着弾時間です。




とりあえず、
測定してみます。

初速のばらつきが小さなM40を使います。


弾速計では

81.56m/secですが、

PICのほうでは、

81.62m/secの表示。
同じセンサー出力信号を使っているのだから全く同じ表示になっても良さそうなんですが、ちょっと差があります?
XCORTECHの計算方法が違うのかな??

初速の方は、こんなですけど、
終速の方は、どのくらい合ってるのかイマイチ不明です。




データはとれましたが、思っていたよりいろんな部分がシビア。

集計は、



つづく





  

Posted by C.A.M. at 21:55Comments(0)弾道計算BB弾

2020年06月12日

ホップパッキン脱出時の初速

以前でっち上げた 抜き弾抵抗力からホップ回転数を求める式ですが、
バレル内の計算をしている中で、なんかかみ合わない部分がありまして、???でした。



今日思ったのは、

パッキン上を転がる回転によって、
玉は前に進められる = 車がタイヤを回して前に進む  のとおんなじみたいなので、

玉が前に進む速度は、玉の円周長×回転数で求まります。たぶん。


以前の計算表で見てみると、
玉の速度は、4.359m/secと求まりました。




。。



ああ、
きっとこれが
ホップパッキンを抜き出た時の玉の速度そのものなんじゃないかな!!

ホップパッキンを抜け出たときが玉速度ゼロっていうんではなくて。


↑妄想です。