2021年06月30日

トリガの傾き

ares M40A6の修正 
はいります。



トリガが斜めに生えていて、先端がトリガーガードからはみ出してる。


トリガボックスが斜めってるようなので、
コピー紙6枚ほど挟むと良くはなる?

コピー紙は500枚で4cmくらいだから、6枚だと0.5mmくらいか。


レシーバーとの取り付け面が悪いのか?と思い、
ボーリングバーで修正。


バイトがびびれてひどい面粗度。

でも、ここじゃなかった



トリガボックスの後ろ側の取り付けメネジがずれてるせいでした。
ヘリサートで修正してみたけど失敗。前の穴に引っ張られてしまって半分くらいずれが残ってしまった。
画像での右側へ 中心線から0.5mmほどずれています。

なんですが、
トリガボックス側を長穴にしたところ オッケー。


ついでにトリガ関係部品を面取り、バリ取り、パーティングラインならし、がたつき等仕上げ修正。


ちょっと見にくいですが、トリガはほぼ中心にきました。


  

Posted by C.A.M. at 13:40Comments(0)こーさくARES M40A6

2021年06月29日

玉抜き機


アルミフラットバーに凹と穴をあけ、
紙の箱をテープどめ。


ARESのM40A6。



玉抜き用のポッチがあり、これを押すとBB弾を給弾レールから抜けることになっていますが、
出口を指が邪魔してしまうし、玉は流れ出てしまい、散らばります。

空気抵抗の実験では、
玉の種類をいろいろに変えることが多いため、
この銃を使いたく無い理由になってました。


そこで、
新作の玉抜き機をマガジンウエルに突っ込みます。
実際には銃を立てておきます。
凹のところでノッチを押して箱で玉を受けます。


給弾レールに残っている27発の玉をスマートに回収することができました♪








  

Posted by C.A.M. at 19:08Comments(0)こーさくARES M40A6