2021年07月24日

でんじべん

バレル内の計算がうまくいかないので実験です。

抜き弾抵抗力はタマコロ棒で、
玉を引き出す時の力をバネばかりで測っていましたが、

実際のエアガンに近い形として、
模擬バレルに玉をセットして、玉の後ろより圧力制御された空気をあてて、
玉が飛び出した時の圧力を測ってみます。


装置はあり合わせの組み合わせで。



抜き弾抵抗が100gfになるようにパッキン押しをセット。

抜き弾抵抗圧力は、
抵抗力と玉の断面積から0.36キロくらいと計算できます。

レギュレータで圧を上げていくと0.5キロくらいで
玉が発射されました。
計算よりちょっと高めかな?

メータの目盛りは おおざっぱなので、
圧力センサーをつないで、配管内の圧力をオシロで見るようにしました。

また、
レギュレータを開けていくと、
玉とバレルの隙間からもれる空気の量が
シューっと 意外に多いようだったので、
圧空のオンオフを電磁弁でできるようにしておきました。



レギュレータを約1キロにセットし、
電磁弁でオンして圧空を流します。

最初、
圧力センサーを電磁弁の上流につけました。
圧力変化は階段状になっています。
一番上の段がレギュレータの設定圧力=約1キロ
そこから2msecで、中段へ。
ここは 0.75キロで、抜き弾〜BB弾バレル通過中なのかな?
これが7~8msecつづいたあと、
6〜7msecで最下段へ。
最下段は0.5キロ。
大気圧じゃ無いのは電磁弁やバレルの抵抗かな?



なんだけど、
玉無しでもやってみたら、

ほとんど同じような変化の具合。。。。
ただ、
よく見ると中段の3個ほどのちいさな凸凹が無いけど。。。

この階段状の変化はもしかするとレギュレータの特性???



レギュレータと電磁弁の間に

こんな炭酸用ペットボトルを入れてタメにしたら良さそうですが、
今日はパス。。。。






圧力センサー位置を電磁弁の下流に変更。

平なところが大気圧。
3つの凸凹がある山の頂上が約0.5キロ。
なので抜き弾抵抗力かな?

ちいさな凸3つが玉に関係する圧力変化みたいですね。


とりあえず、
タマコロ棒による引き抜きの抵抗力と
エア加圧による玉の抜き弾力は
そんなには違っていないようです。
(一致もしていないようだけど)

というのは、
抜き弾抵抗力220gfくらいなのに玉詰まりしそうだったので、
抜き弾に必要な圧力がもっと高く必要なのかな?
と疑問をもったためでした。




この実験、まだほんのさわりで、
なんとか動作はすることがわかったので、
条件変えてデータとってみようとおもいます。

BB弾隙間からのエア漏れ量なんかも測れそうです。




  

2021年07月23日

しょそくのてーか

ares M40A6いじり
のつづきです。


とりあえず玉がまっすぐ出るようになったので、
ホップのテスト。

まずは調整ネジの位置とホップ強度(抜弾抵抗力)の測定。
調整ネジを90°ごとに回して、その時の抜弾抵抗力をタマコロ棒で測定。
パッキンは一撃60°。
押しレバーはテコ比0.76。
ネジピッチは0.5mm。


以前測ったものとはレバーの形状が違うので、少々の違いがあるけど、
まぁ、だいたいは同じ感じ。

それぞれのホップ強さの時の初速を十発づつ測定。

ホップ強さを変えてから最初の二発くらいはちょっと高めに出るみたい。


抜弾抵抗力が強くなると初速は大きく落ちていきます。

これは、シリンダー周りがまだノーマルなので、ピストンが負けているようです。
VFC M40A3では、重いピストンを作って、加速ポート加工をして、ある程度ピストンにエネルギーがたまってから抜き弾抵抗に立ち向かうようにして
よくなったような。



つぎに、
7m距離でマトに向けて撃ってみると
ホップを強くしても着弾位置が上がるわけでもなく、
感覚的にはなにがかわっているのかわからない。。。。
ホップ最強では、初速が落ちすぎているせいか、ものすごいドロップ。

なんだかさっぱりわからないので、
弾道計算してみると


おう、現実の結果とだいたい合ってるみたい(笑
初速の低下との複合で着弾高さはなぜかほとんど一定な感じになってしまっていますね。



そして、
これを”自家製のバレル内の計算”でやってみたのですが、
計算があわなくて初速の大幅低下とはなりませんでした。


何かパラメータの設定落ちがありそうです。


実物では、抜弾抵抗力220gfでも玉詰まり寸前な感じなのですが、
もののためしに
ありえないくらい強い抜弾抵抗(500gf)で計算してみると

ピストンが行ったり来たりしながら進んで、結局、発射されてしまうこととなってしまっています。

行ったり来たりが2〜3回までするのはありそうですけど、もっと減衰しながら振動収束するんではなかろうか?

シリンダ内の圧力のピークがだんだん高くなるのはおかしいのでは。

このピーク値の計算が下がらないから初速の計算値も高くなってしまっているような。。。。  ← 妄想です。



追記
ピストンの摩擦力はエネルギが消耗(多分熱となってどっか行く)するので、バネのエネルギが減衰しなきゃいけないはず。
→アブソーバー、ダッシュポッド系いうんだっけ?
摩擦力実測値120〜140gfくらいでした。

  

2021年07月21日

おかいもの の2 しょーこーけー

ares M40A6 いじりのつづきです。
コーサクとかジッケンとかケーサンとかしている間は、
お金はなんの救いにもならないのでお買い物はしてません。

が、少し落ち着くと、
すくなからず、反動はきてしまいますね。。。



φ6.01インナーバレル
純正に対してタイト = 内径が小さい → 小さい口の径  こじつけタイトルです。


φ6.01±0.007 → φ6.003〜6.017ということですね。


φ6.01言うと、6.00mmにたいしては ”+0.01mmで精密!” とかイメージしてしまいますけど。。。。

公称6mmBB弾の直径は、たいてい5.95mmです。
なのでバレルの中心を進む時、BB弾の周りには0.03mmのクリアランス(空気の層)があることになります。

公差も入れると、
bb弾はφ5.94〜5.96mmなので、
クリアランスは最小0.0215mm、最大0.0385mmということになります。

この空気の層は、バレル内面に接している部分では速度ゼロ、
玉に接している側は弾の速度(最大では100m/sec)ほどとなる速度分布が生じます。

そのため、玉がバレルの中心に向かって押されるような圧力差が生じます。     ←妄想です。
流体の粘性と速度で決まるんじゃなかったかな???           ← うそっぱちです。

流体軸受のくさび効果みたいなものもあり、玉はバレルの中心に保持されるように進んでいくのではないかな。

ただホップ回転によって上下での速度差があるため、上に向かっていくようにもなるはずですが、
ホップの周速度は200rpsでも3.7m/secほどと銃身方向に比べると十分小さいので、
影響は少ないのかな?
いや、
BB弾のうごきはじめは銃身軸方向速度も小さいけどどうなるんだろ???




オプションパーツとしてのインナーバレルは初めての入手なので、
内外径マイクロを出してきて 








ピンゲージもどきも使ったりして測ってみましたが、
今ひとつ正確性に欠けます。

1/100mmの内径計測は超難しいです。



暑い時期だし、
.01+(てんぜろいちぷらす)って書いてあるので、
なんとなくφ6.02っぽい感じなのかな。。。。。
  

2021年07月19日

おかいもの の1 だいこーけー

ares M40A6 いじり のつづきです。

今までのスコープ&マウントはM110用のモノ。
流用使用してましたが、A6はチークパッドが高いのでまっすぐ覗けません。


ナイツもどきより、ちょっとばかりマウント位置高めの
良さそげなのが見つかったので、ポチって、
ついでにスコープまで、ポチッと。
レールとの隙間を大きくさせないために対物口径φ50。  ← 見た目優先


レーザーレベルに載せて光軸チェック


おう、

ぴったし中心出してくれてる。
追記ーーー
レーザーとスコープの光軸に77mmオフセットがある状態。
この2つは平行なので、距離が7mでも300mでも、照準の77mm下にレーザーポイントがきます。
ーーーーー

それより、なにより、

サイドフォーカスが@7mでもピントばっちり
ズーム最大でもバッチリ。


大口径だから20mくらいからかな?遠距離専用になっちゃう?とか思っていたけど、心配してて損した。
儲かった気分。
これで、部屋撃ちでも視差に悩まされなくてすみます。
追記ーーーー
視差があると頭の位置が動くたび、照準線と狙点がずれるので、
実質狙えません。
頭の位置を動かして狙点を合わせるような撃ち方となってしまうとトーゼン玉はあたりません。
ーーーーーーーーーーー



トップレールを3mm裏当てしたのとマウントで4mm、
合計で7mm光軸が上がったので、まっすぐ覗けるようになりました。



@11mでも視界良好。


1.7萬の割には十分見栄えがするかと。


ブログ記事は項目ごとに多少まとまってから書いている都合で、画像の順序は時系列になっていません。
↑なので、レシーバーがまだ黒です。
  

Posted by C.A.M. at 14:30Comments(0)レーザースコープARES M40A6

2021年07月19日

レシーバー

ares m40A6
いじり のつづきです。

レシーバーの内径と外径の同芯度ー合ってない。

いきおいで
内径の穴に合わせて
外径を削ってしまったけど


間違いな気がする。



塗装修正まで必要になってしまって
余計なことを。。。。。


アウターバレルの内径(チャンバーより後ろ側50mmくらい)ー曲がっている。
レシーバーのバレル差し込み部内径ー曲がってる。ぶかぶか。
この2点を旋盤で修正加工できればいいんだけど、
うちのミニ旋盤では無理。長手が足りない。。。

なので、
うまくいかず。
結局シム挟みで妥協。



トップレールとレシーバー取り付け部の亜鉛部品をメタルロックで接着。
これでトップレールはホンモノと同じように一体に。



見た感じでは、レールとバレルはほぼ同じ方向を向いている。
でもまだちょっと左向きっぽい感じは残ってる。


試しうち。

まだ3MILも左。
見た目よりもそれている???
集弾は良くなってる感じ。いや、そんな気がしただけ

ノズルの位置がしっかりしたせいなのか、
初速のばらつきが良くなってる。



  

Posted by C.A.M. at 10:47Comments(0)こーさくARES M40A6

2021年07月15日

インナーバレル

ARES M40A6
いじりの続きです。


バレルレーザーでバレルの向きを調査した際、
がじって抜けなくなりました。


バレルレーザーの筐体はアルミなのでギタギタになっていました。
寸法的にはΦ6.02〜03mmほどです。


鉄材で簡易ピンゲージを作って、
と言っても、
うちのミニ旋盤の精度なんてたかがしれているので、
勝手にテーパーがついてしまってΦ6.03〜6.06 長さ40mmのゲージができてしまいました。

なので、
どこまで入れるとキツくなるのかから、おおよその寸法を知ることができます。


突っ込んでみると
先の方はφ6.05〜6.06程度のようでしたが
元の方は、もっときついです。



内面をマクロで撮ってみると
バレルレーザーを抜いた時のアルミのクズが食いついてる??

ホップ窓のちょっと前あたりにリング状に
傷?がついていました。





どうもこれは

このパッキン用の溝が加工された際に
送りが強すぎて裏面に変形(でっぱり?)が出てしまったのではないかな???

ここの傷の部分、寸法的にはφ6.04が通らないくらいにせまくなってる感じです。



ハンドドリルにピンゲージをくわえて、コンパウンドをほんの少し塗って
研磨しましたが、まぁ気休めにはなるかな程度。


 
ホップ窓周りを軽く仕上げて
インナーバレルは、とりあえずここまで。



  

Posted by C.A.M. at 22:02Comments(0)こーさくARES M40A6

2021年07月11日

ロアレシーバー

ARES M40A6
なおしの続きです。

ロアレシーバー(ストック)の

ここの3点でレシーバーの位置が決まるようです。
ホンモノだと前側のところはリコイルラグで位置が決まるようなので
模したいけど、ケッコー難しいかも。


とりあえず、

アルミダイキャストみたいですが、基準になりそうな線、面ともに見つかりません。。。
穴加工とかどこ基準でやったんだろ???

テキトーにサッとさらって

ハンドガードロアサポートが取り付く面の

直角を出しておきます。
思ったより平らにはできてないみたい。


ワークの固定をいい加減にしてしまったので、

あいかわらず面粗度が汚いけど
面の直角は出てると思います。



側面も当ててみたけど
やはり抜き勾配ついてるのでこんなふう。

テキトーなところでやめました。


もののついでに

凹加工してみたけど、形状ミスったみたい。
もっといろいろ良くみてからやるんだった。。。。


参考

ホンモノ画像





今日の作業は、なんだかうまくなくて、とっても疲れました。。。  

Posted by C.A.M. at 21:03Comments(0)こーさくARES M40A6

2021年07月09日

ハンドガードの2

トップレールの厚さが先にいくほど薄いこと
についての妄想。


7.62mm弾のドロップ量

172cm @500m
3.4MIL

1MILは1/1000なので、3.4/1000 = 1/294
銃をこの傾斜分上向きにして撃てば、銃口とだいたい同じ高さにあたるということ。
(厳密には、水平に撃ってドロップする量と、仰角つけて銃口と着弾高さを水平にする量とでは、すこし違ってくるようで)



ハンドガードの長さは約300mm、
トップレールの厚さは、画像で見た感じで、元と先では1mmくらいは違ってるのかな。

概算として
長手300mmに対して高さ方向が1mmなら1/300。

量としては、同じくらい?  ←妄想です。

ということは、
ハンドガードが上向いているわけではなくて、
ロアレシーバー、レシーバー、バレル、ハンドガードは平行が出ていて、
トップレールに傾きがついていると考えた方が良さそうです。


つまり、
500m先での着弾位置が銃口高さになる
ようにスコープ(他レーザーとかライト?とかのアクセサリー)が傾いて付くように出来ている。
射撃距離500mを基準にしてるのかな?
という推理が出来ました。  ← 妄想です。

スコープのエレベーション調整ではダメなんだろか?
3MIL動かした時の光軸ズレの影響とか考慮している??
(いや、もっと距離がある時はもっとずらすことになるからか)


追伸
前のブログにコメント頂きまして、
トップレイルにはほんとに傾斜がついていて、その傾きは20MOAとのことです。
情報ありがとうございます。

とすると、
基準距離は650mくらいですかね。

追記

ここに20MOAって刻印されていますね。
  

2021年07月09日

ハンドガード


ロアレシーバーとハンドガードはここで分かれていて、
前方からのネジで締結されます。
レシーバー上面高さの組み付け誤差をここで吸収するようにするためには
レールとこの面が直角でないといろいろメンドーになるはずです。


フライスにセットして、



エンドミルで側面削り。
ほんのかるくさらったところ。

以前に手で修正しましたが、
ケッコー傾きが残ってる



あんまり落として、長手方向が足りなくなると悪いのでダキョー。




直角にはなった♪


ついでに、




レールの先端をそれっぽく整形。


その際、
ホンモノ画像をよーく眺めていたのですが、

う〜〜〜ん、
レールの先端側が薄くて
元の方が厚くなってるように見える???
もしホントならハンドガードが上向きに傾いているということになりそうですが
どういうことなんでしょ????





  

Posted by C.A.M. at 08:04Comments(2)こーさくARES M40A6

2021年07月07日

トップレール

去年買ったばかりの頃、

2020/08/14
M40A6
ちょこちょこM40A6の手直ししてます。ハンドガードのねじをテキトーに締め付けると斜めになってしまうようで、トップレールが反ってしまいます。キャリーハンドルとか剛性のあるものをつけてから固定ボルトを締め込んでみました。ホンモノを調べてみるとやっぱりずっと厚くできてます。よく見ると…



↑ブログに書きましたが、
トップレールが薄っぺらすぎて、
レシーバーとハンドガードの平行が出しにくい。


アルミのフラットバーをあてがってみて、



t3mm。
こんなかな。



メタルロックで接着。


下面幅は16mmなので、
20mm x t3のフラットバーを接着後、フライスで、切削しました。


じつは接着前にも削ってみたのですが、ぐにゃグニャして寸法出そうにありませんでした。
接着後の方が正確にクランプできるので、加工しやすかったです。



ネジは20mmのものを切って、13mmに加工。


3mm厚くなって、ほとんどたわまなくなりました。

けっこう重くなりました。


レシーバー側のスペーサー
ホンモノではトップレールと一体ですが。

上面を擦ってみると、
あ、亜鉛ダイカスト。
そういや、重いわ。



けっこう ひけてます。


レシーバーにペーパー貼って、

擦り合わせ。

取り付けボルトの間が高いです。
そのせいで少しばかり座りが悪くて、
シーソーしてました。
まぁ、ボルト締めてしまえば、たわんで密着はするんですけども。
それではトップレールのアライメントがどうなるかわかりません。



少しは座りが良くなりました。

ゆくゆくはトップレールと接着する予定ですが、
今時点では基準がはっきりしていないので。。。



  

Posted by C.A.M. at 21:39Comments(0)こーさくARES M40A6