2021年09月27日

ホップと初速の3(VSR版) バレル内の計算

バレル内の計算にノズル絞りの計算を追加したので、
実測値と比べてみます。

と言っても、絞りによって比例的に圧力が下がるだけなので、特性曲線はスライドするだけで形に変化はないんだろうと。


VSR10 Gスペック 0.28g。
ノズルの絞り抵抗の修正係数を調節して、
抜き弾抵抗110gfくらいまでは値を一致させることはできるようですが、
それよりきつい側は離れていってしまいます。

グラフで見ると差は大きいように見えてますが、
初速の落ちの絶対値は1m/sec程度なので、
実運用する中では、ほぼ一定と言っていいと思います。

なので、
0.28gの玉を使う分には、VSRはよくできていると思います。



対して、
うちのares M40A6(やや改…。ピストンが少し重い)は
初速の落ちが大きすぎる。玉は0.28g。


これもやはり100gfあたりから抜き弾がキツくなるほど、大きく初速が落ちてます。
その落ち方が凄すぎて、なんか銃の設定を間違ってる??

解析しようにも、
現状のうちの自家製バレル内の計算では、
初速の落ちは2m/secくらいまでの変化しか出ないようなので、
もっと大きく変化が出る 何らかの要因が存在するんだと思います。

そこで、
一つ考えられるのは、
ピストンの減速&逆戻り。

ホップと初速 VSR版のはずだったのですが、
aresにてバレル内の計算の検討をすることとなりました。
あしからず。

なので、
ここから全部、aresのデータです。


抜弾抵抗が小さい時70gfでバレル内の計算を見てみると

ピストンは発射直前あたりでかなり止まりそうなまでゆっくりになっています。


110gfでは、

ピストン速度がほぼゼロになる点、つまりピストンが一旦停止する感じです。


ピストンは止まっても、ピストンと玉の間には圧力が高い空気があるので、
玉はそんなに影響されずに加速を続けるはずですが、
この例では、ピストンが止まるのと玉が発射されるのがほぼ同時なので、
初速には影響ないはずです。

玉が発射されてしまうと、ピストンにかかっていた圧力が抜けてくるので、
ブレーキとなっていた力が抜けて、ピストンはまた前進を始めます。


140gfでは、

ピストンが止まるだけでなく、エア圧に押され、逆戻りし始めるようです。

この時、バレル内の計算では、エア漏れがないことになっていますが、
現実はどうなんでしょう。

エアガンのピストンのOリングの使い方は、
一般的な工業用途でのリング溝形状とはかけ離れていて、
あくまでも前進するときに気密が保たれて、
その時の摩擦抵抗が少なくなるような設定となっています。

普通の10キロの圧力機器の溝寸法とすると、ピストンを動かす時の摩擦力が5倍くらいありました。
簡略な実験では、エアガン100〜200gfに対し、800gfくらいはあったと思います。

そんななので、エアガンのOリングはガハガハに緩くなっているために、
ピストンの進行方向が変わるような状況では、リングがサチュレートしているんではないかな?
リング溝の中でOリングが不安定に遊んでいる状況では、
圧力が逃げてしまいます。
なんか、そんなような ンバババっみたいな濁った発射音を聞いたことがあったような無いような? ←妄想です。

でも、これも時間タイミング的に見てみると、
玉が発射されるほんの寸前の出来事なのでそんなに大きく初速が落ちると言うことは無いはず。
なんだけど、圧が抜けてしまうと玉の加速が無くなるので発射までの時間が長くはなる。
(けど、ゼロになるわけではなくて、等速度運動に近くなるだけ)


220gfとかなり強めな時、

タイミング的には玉発射の2msecほど前からピストン停止&逆戻りが始まっている計算となっています。


もしピストンが止まったときに、エアが漏れて大気圧ほどになってしまったら、
今度はピストンが逆戻りする際に、玉には減速度が発生する、わけは無いわな。さすがに。 ←妄想です。







エアコキはシリンダエア容量が大きいから余裕で押し出せるというような記述を見ることがありますが、
ピストンストロークが長いほど、圧力の上がりの時間的タイミングが遅くなるので、
玉の加速は鈍くなります。
どんなシリンダーボア、ストロークでも圧力が2キロになるにはストロークの半分までピストンが進まないといけません。
圧力イコール玉の加速力です。

長いストロークを早く動かすためにはバネのセット力を大きくするしかありません。
それではコッキングが重くなって疲れてしまいます。

ピストンストロークはなるだけ短い方がいいのだろうか??  ←妄想です。

わからないことだらけです。。。。
  

Posted by C.A.M. at 13:15Comments(0)バレル内の計算VSR10

2021年09月15日

玉の選別の2 G&Gバイオ0.28g ふるい

前回の その1では選別は失敗に終わっています。

今回は、
G&G バイオ 0.28g。
これも、開封後二夏経過。

外径をφ5.94〜5.96で選別したところ、不良はほとんど無し。
けど、感覚的にはPMよりも一個一個の真円度は良くなさそうな。。。 ← 妄想です。

重量も0.277〜0.279gの表示がほとんど。
平均は0.278g。


別の30発をケンサしてみて、
ハネダシは7粒。
実際は、撃つと3割くらいばらつく感じがするので、もっと厳しくしないといけない気がする。。。


と、
この辺までは、その1のPMバイオ0.28gと並行して進めていたので、
PMバイオを撃ってみた時点で、この選別もダメっぽいなと。。。



。。


。。。


新ヘーキ導入。

ふるい式選別器。アルミ製。


ちょっと面取りのあたりの通りがビミョーな気がしたので

φ6リーマ先端のテーパーのとこを使ってバリ?とりし、

追記ーーーーーーーーーーー
商品説明をよく見てみたところ、表裏があるそうなので、
ビミョーに感じたところが正規の寸法だったところなのかもしれません。

いらんことしてしまったみたいです。
すいませんです。
ーーーーーーーーーーーーーー

スコッチブライトで修正仕上げ。
うちに来たものは、新品でも、すぐにぼろぼろになってしまいます。。。

最初、手でやってたけど、穴がたくさんなので、タイヘン。
リュータのフェルトに巻いたら楽でした。
下手にやって、穴が広がってしまっては元も子もないけど、
1/100落とすのにどのくらいの手加減が必要かを知っていればなんとかなるかと。。。




φ5.96の穴にφ5.96の玉って、ハメアイで言ったらゼロなので、
たぶん、通りそうで通らない。自重では落ちない感じ?

でも、それは真円の場合であって、
BB弾では、製造上の都合で、凸な部分がありがちなようです。

ダイヤルゲージで測ってφ5.95の玉が フルイのφ5.96の穴を通らないことが多々あります。
ダイヤルゲージでは、直径のうちのほんの一点を測っているだけなので。
本当だったら角度を変えて何回も測らないといけないわけです。
フルイだと少なくとも一つの円周面の凸を検出できるのかな?


通らなかったものを穴にはめたまま、ぐりぐり回してみると、
たしかに、ごりごりひっかかるところが感じ取れます。

黒くなったところが凸だったところだと思います。


その辺をふまえて、

フルイでφ5.94〜5.96とφ5.96〜5.98の2グループに分け、
その後、ハカリで、0.277〜0.280gを良品、それ以外をハネダシとしてみました。

フルイ選別の際、φ5.94の穴を通ったものは一つもありませんでした。
(PMバイオ0.28gは数粒通るものがありました。)
φ5.98を通らなかったものは多少あったので、捨てました。

選別弾は、外径が大のものと小のものの2種類となりました。



試し撃ち。

@7.5m A4紙。



1.マルイの0.28g無選別
2.ハネダシ


3.選別弾 外径小
4.選別弾 外径大

撃ってる時は外径大の選別弾がいいみたいに思えましたが、
結果で見ると、あんまりかわりばえしないかな?

ただ、初速のばらつきはよくなっています。
標準偏差でみると 無選別0.26 → 選別0.18〜0.19


外径大と小ではホップのかかりに差が出たようで、
外径が大きい方がホップアップ量が大きくなっているようです。

VSRでいうと
ホップレバーの押し量が20目盛で0.5mmほど変化しているようなので、
1目盛あたり0.025mm。
外径が0.02mm違っていれば、1目盛変えたのと同程度とみることができます。

外径の大きさは初速の差にも出ている感じもします。
今回のでは0.2m/secの差があります。

また、
外径は真円ではなく、凸があるような形なため、
同じ形状の玉だったとしても、
チャンバー内で、その凸部がホップパッキン有効範囲に来たか来ないかで、
外径の差と同じくらい影響があるものと思います。
凸の位置がどこに来るかで玉が向かう方向が決まってしまい、
それはケッコー大きなことなのではないかな。。。。

玉と関係ないですが、
今回のは、着弾位置が高いです。
たぶん銃身が上へ向いてる。

どーもこの銃、
分解組み立てするたび銃身があっちこっちになるみたいで、
ボルトの戻りやピストンのシアかかりなんかも悪くなったり。
ネジを強く締めるとダメな感じも。
チャンバー組み立ても、ストック付けるのも難しい。。。
マガジンなんかバラすとタイヘン。


集弾性をみるには、まだいろいろ修行が足りてないようで。。。

  

Posted by C.A.M. at 07:20Comments(0)BB弾VSR10集弾

2021年09月14日

あっそん

バレル内の計算 苦戦中です。

ノズル部での圧力低下を計算に盛り込んでみました。

工学的には、
急縮小管損失、急拡大管損失言うみたいです。

シリンダからノズルへ入るところが急縮小管、
ノズルからバレルに出るところが急拡大管。

急に流路が狭くなるところの抵抗は小さいとのことです。
ただ、
急に狭くなるところの形状によっては剥離が起きて?実際に有効な流路は狭くなるみたいです。
急縮小管でも損失になるのは、この狭くなったところに渦が巻くせいのようで、
計算では有効な流路からもともとのノズルの流路まで拡大する時の圧力損失で求めるようです。

で、
この圧力損失をバレル内の計算に取り込んでみると、
BB弾を押す圧力がシリンダ内の圧力よりも小さくなるので、
初速の値が小さくなって、実測値に近づきました。
が、
ノズル入り口の形状によって、損失は大きく変わるようなので、
ここには修正係数knzを入れてみました。
スムースなアール形状では、ほとんど損失はなくなるようです。
逆にエッジが立ってる直角では、大きな損失になるようです。
資料を見ても、この辺は実験値のようなので。


で、

このノズル部での圧力損失は、ノズル部の流速によるので、流速が速いところでの圧力低下が大きく、
流速が低いところでは以前の損失計算無しとほとんど同じとなっています。(青線)

ノズル部での流速は、
これまで流速や流量は計算に出てこなかったので、悩みました。
よくわからないのですが、
玉を押して動いた分、玉の後ろのバレル内体積が大きくなるので、
この体積を流量として、
流速は流路断面積で割って求めてみました。  ← 自信なし。


圧力損失修正係数を変えてみて、実測値と比較してみました。

青が実測値です。

係数knz=0.92(緑)の時、玉重量が〜0.3gくらいまではけっこう一致させられるのですが、
重い側はどんどん離れていく。

と言って、重い側に合わせようとすると、
カーブが違うので、全部合わなくなってくる。

玉の重さに関して何らかのパラメータが存在するのかも???






  

Posted by C.A.M. at 11:37Comments(0)バレル内の計算VSR10

2021年09月08日

玉の選別の1 PMバイオ0.28g

VSRのインナーバレルの内径は

情報どおり、φ6.08と測ることができました。  ← 内径測定は苦手


本題

BB弾は公称値どおりにはできていないようなので、
いくらかを測った後に、選別する値を自分で決めないといけないようです。


まずは、プレシジョンマックス バイオ0.28g
開封後、2夏越してしまったので、鮮度が悪くなってるかもしれません。

平均重量は0.277gほどで、公称値よりも軽めなようです。
外径が小さめなためなのかもしれません。

φ5.93〜5.95の範囲におさまっていて、φ5.94のが多い感じでした。
φ5.95以上のものはほとんどなかったようです。

φ5.925
たまにこんなのが混じってる。

この測定では、球体の1箇所の直径のみしか測れないので、
ホントーだったら位置を変えて、何度も測らなくていけませんが、
それは酷なので、凸を見逃している可能性は高いです。
なので、大きめの数字が出た時は迷わずボツです。


重量は、

ほとんどが0.276〜0.278gの表示でした。
このハカリの1/1000gのケタはちょっと微妙で、何度か測ると同じ値にはなりません。

なので、一発勝負で決断します。

ちなみに、0.279gと出たものの外径をもう一度測ってみたら、ほとんどがφ5.95と大きい側の寸法でした。


選別はφ5.94〜5.95、0.276〜0.278gをOKとして、
φ5.94以下は捨て、0.275gと0.279gはハネダシとしました。
0.281gとか0.273gとかいうのもたまに出るので捨てです。



オタメシ撃ち



なんということでしょう!
選別弾の方がばらつきが大きく、ハネダシの方がユウシュウ。。。。
というか、フライヤらしき玉は選別の方に紛れ込んだ模様。

これは選別の判定値をミスっているようです。
選別弾でもう一回やってみましたが、やっぱりフライヤが混じってる。


ハネダシのX右下方向に3発まとまってますが、もしかすると
重めの0.279g φ5.95という玉が優秀な玉でこれだったりして。。。

う〜ん、
とすると軽い玉の側に不良があるのかな???





銃自体の精度?ということも考えられたので、
現状では一番良さそうなBLSバイオ0.43g選別を使ってみたところ、

フライヤっぽいものは出なかったから、こんなくらい?

でもフライヤの出る原因が銃と玉の相性ということも考えられるので、
厄介ですね。。。

銃の精度を見ているのか、玉の精度を検証しているのか、なんだかわからなくなってます。。。





  

Posted by C.A.M. at 21:41Comments(0)BB弾VSR10集弾

2021年09月07日

ホップと初速(VSR版) の2 玉の重さと初速最大位置

VSR測定のつづきです。


Gスペックのマズルキャップはホットボンドのようなもので固められているようで、
けっこう温めないと緩みませんでした。
(うちのヒートガンでは無理みたいで、バーナー使いました)
ネジは普通の右ネジなので反時計回りに回せば緩みます。
冷えてくるとまた回らなくなるので、厄介でした。

アウターバレルがボロボロに。。。face07


本題です。


ホップの強さを変えて初速を見たところ、
0.20gの玉ではホップ最強が最も高い初速となりました。
ところが、
0.28gでは10〜12クリックあたりが最も高い初速でした。

なので、
初速が最も高くなるホップ強度は 玉の重さによって変わるのでは?
と思いました。




ジッケン


まずは、
軽い方0.15g。




0.20gの時と同じ感じで、ホップを強めた方が初速が高くなる傾向です。


続いて、
重い側、0.40g




こちらは、ホップが強いほど初速が下がる傾向がはっきりしました。





バレル内の計算で正確にシミュレーションできれば良いんだけど。
うちのはどーも間違ってる。。。。



  

2021年09月05日

ホップと初速 (VSR版)

ところで、

このGスペックのボルトハンドル、
レシーバーの溝とほとんど噛み合っていないんですけど、
素のVSRのm700風ハンドルだとかみあっているのかな???

追記ーーーーーーーーーー
良く観察したところ、

ここの段差でかみ合ってました。
が、かかりが浅すぎてやっぱりダメみたいです。
ーーーーーーーーーーーー


本題

VSRの測定つづきです。

ホップ調整レバーのクリック数と抜き弾抵抗力の関係を測ります。
このホップパッキンは転がる感じがないせいか、玉コロ棒だと不安定でうまく測れませんでした。
なので、普通の玉棒とバネばかりにて測りました。

チャンバー分解はまだなので、ホップレバーの寸法不明。
よってグラフの横軸はクリック数です。

つづいて、2〜3クリックごとの初速の測定。




10〜12クリックあたりが初速の最高値でした。
でも、最高と最低で1m/sec弱しか差がないので、ほとんど一定といってもいいくらい。

人様のHPなど見てみて比較しようと思ったら、0.20gを使われていますね。


よって、
0.20gでデータ採りなおし。



ホップ強めていくと初速が上がっていくパターンのよう。
玉の重さが違うと頂点の位置が変わるのかな???

人のをみると90m/s以上のようですけど
うちのは低め?


買ってすぐの時はもうちょっと高かったようで、

0.28gで82m/sだったようですが、
今は78m/sくらいまで落ちてる。

心当たりは
Oリングのグリス???


いろいろ難しいものですね。


  

2021年09月04日

どーにゅー APS的

やっとVSRにスコープが載ったので、
試し撃ち♪




今までのコピー紙のマトだと破れてしまって、
着弾点が密集してるところはなんだかわからないので、
APSターゲット紙(もどき)を導入しました。

APSとは、
Air
Precision
Shooting
だそうです。


まずは、いままでのコピー紙用の箱の中に入れて撃ってみたけど、

玉が飛び散る。。。




APSのターゲット紙(練習用)は、
2枚重ねになっていて、

上の紙にはセロテープを貼っておく。(破れ止め)


上の一枚を剥がすと

下の紙は複写になってて、着弾跡が付いていると。
ほほほぅ、なるほど、これは見やすいかも。


売ってるターゲット台を参考に
スコープの空き箱でコーサク。

的紙を手前に少し傾けてるのがポイントなのか?
でも、ホップ回転が残っていると下向きに跳ね返るんでしたかね?



VSR @7.5m(ちょっと近い)

狙点位置が高いのは、スコープの光軸を銃身軸と平行にセットしているためです。
銃身軸と光軸のオフセット値=55mm分のズレがあります。
もう10mmはホップ弱めのため、重力落下分です。
ゼロインをしていないので、この平行な軸線はどこまでいっても平行なので、
7.5mでも55mm、700mでも55mmです。

重力落下分は玉の飛翔時間で大きくなっていくため、距離が遠い、玉速が低い、と大きく落ちることになります。
今はまだ弾道実験継続中なので、この軸線のズレを計算から簡単に排除できるように平行を保っています。

ついでに、ares M40A6も@7.5m

これはスコープのオフセット75mmなのと落下分がやや大きめなので、105mm上、
左右のずれがあるので右へ6mm、
狙点をずらしています。



撃ってる時は、撃ちやすかったけど、



結果はおんなじだなぁ。。。




スコープのピントがきちんと合うのと合わせられないのの差、
銃の重量は重い方がピクピクしない?、
ストックの下のモノポッド、これが一番撃ちやすさかな。慣れないうちは狙いにくくはあるけど。
トリガータッチとかは、よくわからんです。。。

やっと
集弾データとりの入り口に立てた気がしました。




  

Posted by C.A.M. at 12:09Comments(0)こーさくARES M40A6VSR10集弾

2021年09月03日

スコープが載らない の2 レール修正

VSRにスコープが載らない のつづきです。



最初は、ネジ頭が少し出っ張ってるので、しっかり載らないのかな?と思いましたが違いました。
(23は銃口からレール上面までの高さのメモ書き。書いとかないとすぐ忘れる。)



レールの形状を修正するため、ピカティニの規格を調べました。(WiKiより)




規格は取付寸法であって、外形寸法や加工寸法ではないです。
中心振り分けで0.835”(19mm)幅のところが 0.108”(2.74mm)厚さで45°面にあたるような寸法となるようです。


これらから、外形寸法を計算して

こんな感じかな?

断面図の方では、高さ方向の寸法がいまいちよくわからず、

側面図の方の図形線から、
上面横溝の深さは最大幅部の下側と一致?(下側の図)
ということにして寸法を決めました。



カコー

まずは、マルイのマウントレールで練習。

これは上面横溝の深さが浅いため、レール下側の斜面を削り込むことにしました。
サッとさらってみた。



計算では0.3mmほど削れば良かったようなんだけど、


0.6mmくらい?でやっとスコープマウントがセンターあたりにくるようになりました。


左右両方ともを加工して、
まぁまぁ、よくできたかな。
ちなみにこのモノは亜鉛ダイキャスト。




締まり具合もいいみたいです。




つづいて、ノーベルアームズ製の方。
こちらはアルミダイキャスト品。

上面の横溝が3.3mmほどと深めなので、
レールの上面側三面を加工しようと思ったのですが、
ワークの固定が難しそうだったので、
マルイ練習と同じ方法をとることにしました。
サッとさらってみたところ。
う〜ん、角度もあやしげだし、すこしねじれもある??
まぁ、固定方法もアバウトなので、モノのせいとは断言できませんが。。。

こちらも0.6~0.7mmほどを切削しました。


溝が深いので、下側の45°面に凸凹が現れてしまいました。
やっぱり上側を削るべきだった。。。 ←手遅れです。




ピカティニの規格にはできませんでしたけど、
スコープはちゃんと載るようになりました。

できました♪


追記ーーーーーーーーー
削り過ぎたようで、
マウントによっては締めが足りず、
カタカタするものがありました。
やっぱり0.3mmでやめておけば良かったようで。。

マウント側の寸法もサマザマ規格のようです。
  

Posted by C.A.M. at 22:59Comments(0)こーさくスコープVSR10

2021年09月02日

玉の重さ

BB弾の重さ測定 メモ書き。

ノートとかに書いておいても、
すぐどっかいっちゃうので
ブログにしておくのが一番よく見つけられるよう。


10発の重量を測り、平均。


アクリビス バイオ 0.15g

実測 0.152g


G&G プラ 0.20g

実測 0.200g


G&G プラ 0.25g

実測 0.253g ← やや重め


プレシジョンマックス バイオ 0.25g

実測 0.251g


G&G プラ 0.28g

実測 0.279g


G&G バイオ 0.28g

実測 0.278g


プレシジョンマックス バイオ 0.28g

実測 0.277g ← やや軽め


BLS プレシジョン プラ 0.30g

実測 0.300g


BLS プレシジョン プラ 0.32g

実測 0.324g ← やや重め


BLS アルチメイトヘビー プラ 0.36g

実測 0.362g


BLS アルチメイトヘビー プラ 0.40g

実測 0.400g


BLS アルチメイトヘビー バイオ 0.43g

実測 0.439g ← かなり重め


BLS アルチメイトヘビー プラ 0.48g

実測 0.481g



公称値とは結構ずれているものもあったりするので注意が必要です。



実験するには、いろいろ要りようになって、
なにかとお金がかかります。




  

Posted by C.A.M. at 22:05Comments(0)BB弾バレル内の計算

2021年09月01日

スコープが載らない


付くには付くんですが、しっくりこない。



まず、Gスペックに付属のレールは、溝が少なくて、全滅でした。
うちにある光学機器はひとつも載らなかった。。。


ですが、
問題はそこではなくて、

レールの上側の山が厚ぼったいので、隙間があいてます。



しかたなく、溝の多いこれを

買い足したのですが、


ど〜も、着弾位置がおかしい。。。

並べて見たら、レール断面形状はマルイ規格?とまったく同じで厚ぼったい。
ピカティニではないみたいです。

とーぜんながら、隙間の分、中心がずれてます。


マルイ規格?なので、

どっかから発掘してきたマルイのスコープリングならぴったり。



でも、

いまどきφ25のスコープは使わないですよね。




安物のプラのレールでも、このようにぴったりハマるのが当たり前だと思っていました。


いまどき、こんなことって ありなのでしょうか?