2021年10月01日

ガンカメラで弾道解析のep.2の1 VSR

久しぶりにガンカメラで弾道を撮ってみました。
まずが、やり方忘れていて、合っているのか定かでないです。

0.28g ホップクリック20(マックス)

少しホップアップして、ずいぶん遠くまで落ちませんね。

タマモニの傾斜計機能のおかげで銃の鉛直合わせ(ホップ回転軸を正確な水平に)、仰俯角を水平に射出は簡単にできました。

解析によると、
ホップアップ量は、最大164mm @25m、
35mで水平を割る感じ。

なんですが、今度は弾道計算の方が合ってきません。。。(青線…@35mでゼロ高さに合わせた)
ホップ回転を高く計算すると、手前側が高くなりすぎるのに、
先の方の落ち方は早すぎ。

(奇跡的に玉が発見されたのですが、ほぼ60m地点。
なので、青線では厳しい。
ガンカメラ解析のオレンジ線はホントっぽいかも。)



ま、きっとなんか間違ってるだけでしょう。
余裕のある時またやってみようと思います。


追記ーーーーーーーー
上の青線は空気抵抗係数Cd=0.47で計算したのですが、
これを0.41くらいにするとオレンジ線に近くなるようなので、
確かめてみないといけません。

さらに追記ーーーーーーーーーーー
あー、違ったみたいです。
まだはっきりとは確かめていませんが、
0.20g 95m/sという軽い玉の計算弾道に似ているようです。

軽い玉も重い玉も外形は同じなので、揚力係数は同じはずです。


  

Posted by C.A.M. at 14:05Comments(0)ガンカメラ弾道計算