2021年09月03日

スコープが載らない の2 レール修正

VSRにスコープが載らない のつづきです。


スコープが載らない の2 レール修正
最初は、ネジ頭が少し出っ張ってるので、しっかり載らないのかな?と思いましたが違いました。
(23は銃口からレール上面までの高さのメモ書き。書いとかないとすぐ忘れる。)



レールの形状を修正するため、ピカティニの規格を調べました。(WiKiより)
スコープが載らない の2 レール修正


スコープが載らない の2 レール修正
規格は取付寸法であって、外形寸法や加工寸法ではないです。
中心振り分けで0.835”(19mm)幅のところが 0.108”(2.74mm)厚さで45°面にあたるような寸法となるようです。


これらから、外形寸法を計算して
スコープが載らない の2 レール修正
こんな感じかな?

断面図の方では、高さ方向の寸法がいまいちよくわからず、
スコープが載らない の2 レール修正
側面図の方の図形線から、
上面横溝の深さは最大幅部の下側と一致?(下側の図)
ということにして寸法を決めました。



カコー

まずは、マルイのマウントレールで練習。

これは上面横溝の深さが浅いため、レール下側の斜面を削り込むことにしました。
スコープが載らない の2 レール修正
サッとさらってみた。



スコープが載らない の2 レール修正
計算では0.3mmほど削れば良かったようなんだけど、


スコープが載らない の2 レール修正
0.6mmくらい?でやっとスコープマウントがセンターあたりにくるようになりました。


左右両方ともを加工して、
スコープが載らない の2 レール修正
まぁまぁ、よくできたかな。
ちなみにこのモノは亜鉛ダイキャスト。



スコープが載らない の2 レール修正
締まり具合もいいみたいです。




つづいて、ノーベルアームズ製の方。
こちらはアルミダイキャスト品。

上面の横溝が3.3mmほどと深めなので、
レールの上面側三面を加工しようと思ったのですが、
ワークの固定が難しそうだったので、
マルイ練習と同じ方法をとることにしました。
スコープが載らない の2 レール修正
サッとさらってみたところ。
う〜ん、角度もあやしげだし、すこしねじれもある??
まぁ、固定方法もアバウトなので、モノのせいとは断言できませんが。。。

こちらも0.6~0.7mmほどを切削しました。


スコープが載らない の2 レール修正
溝が深いので、下側の45°面に凸凹が現れてしまいました。
やっぱり上側を削るべきだった。。。 ←手遅れです。




ピカティニの規格にはできませんでしたけど、
スコープはちゃんと載るようになりました。
スコープが載らない の2 レール修正

できました♪


追記ーーーーーーーーー
削り過ぎたようで、
マウントによっては締めが足りず、
カタカタするものがありました。
やっぱり0.3mmでやめておけば良かったようで。。

マウント側の寸法もサマザマ規格のようです。



同じカテゴリー(VSR10)の記事画像
モーションログ 前後方向加速度
ホップと初速の3(VSR版) バレル内の計算
玉の選別の2 G&Gバイオ0.28g ふるい
あっそん
玉の選別の1 PMバイオ0.28g
ホップと初速(VSR版) の2 玉の重さと初速最大位置
同じカテゴリー(VSR10)の記事
 モーションログ 前後方向加速度 (2021-10-03 12:12)
 ホップと初速の3(VSR版) バレル内の計算 (2021-09-27 13:15)
 玉の選別の2 G&Gバイオ0.28g ふるい (2021-09-15 07:20)
 あっそん (2021-09-14 11:37)
 玉の選別の1 PMバイオ0.28g (2021-09-08 21:41)
 ホップと初速(VSR版) の2 玉の重さと初速最大位置 (2021-09-07 09:28)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。